荒木式がん対策プログラム口コミ

アセンション症状2017年6月【最新】

Facebook&Twitterで共有×拡散!

癌検診は受けてはいけない

癌

@人間ドック
A脳ドック
B癌検診
Cメタボ検診
D定期健康診断

 

これらを五大検診と呼びます。
五大検診は、表向きは国民の健康を守るという建前になっています。
しかし、実情は巨大医療産業の利益を守るために存在します。
五大検診ビジネスは健常人を病人に仕立てて、
さらに検査漬け、薬漬け、手術漬けで稼ぐための罠・仕掛けなのです。

 

人間ドックは日本人特有の奇習です。
人間ドック検診で最も恐ろしいのが、
レントゲン検査によるX線被曝です。
放射線の一種X線には、強烈な発癌性があります。
さらに催奇形性もあります。
いずれも、放射線エネルギーが遺伝子DNAを破壊してしまうからです。
一度でもレントゲン検査を受けると、発癌リスクは高まります。
癌を防ぐための検診が、逆に癌を増やしているのです。

 

定期健診には、病気を防いだり、
寿命を延ばす効果はありません。
欧米では、行政も企業も定期健診などしていません。
定期健診は日本特有の奇習です。
日本では労働安全衛生法で雇用主に強制されており、
拒否すると処罰されます。
特に怖いのが、胸部X線撮影を国家が強制している事です。

 

日本人の死亡原因のトップは癌です。
厚労省の発表では、年間約35万人が癌で亡くなっているそうです。
しかし、この数字には悪質な誤魔化しがあります。
癌で死亡したとされる患者の約8割は、
癌で亡くなっているのではありません。

 

大半の患者は、癌以外の死因で亡くなっています。
その多くは感染症です。
肺炎、院内感染、インフルエンザ、カンジダ菌感染症・・・など。
なぜ、大半の癌患者が感染症で命を落とすのでしょうか?
それは、彼らの免疫力が限りなくゼロになっているからです。
では、なぜ癌患者の免疫力が失われたのでしょうか?
それは、癌患者に大量投与された抗癌剤、
大量照射された放射線、
不要な手術による疲弊などによる副作用が原因です。

 

ロック歌手の忌野清志郎さんは、
最後は無菌室で息を引き取ったと報じられました。
なぜ、無菌室なのでしょうか?
それは、忌野清志郎さんが抗癌剤や放射線などにより、
免疫細胞のリンパ球などがゼロの状態になったため、
最後は感染症に全身を侵されて亡くなったのです。

 

検査で発見される癌は良性の癌もどきです。
それを抗癌剤、放射線、手術で悪性化、狂暴化させているのが、
癌治療の正体なのです。

 

手術は患部を取り除くだけです。
抗生物質・抗癌剤は患部を抑えているだけです。
放射線治療は患部を焼いているだけです。

 

1990年代から、海外では癌の代替療法が主流になっています。
しかし、日本だけは相も変わらず、
手術、抗癌剤、放射線療法の三大療法一辺倒です。
日本の癌治療は、欧米に20年は遅れています。
癌医療利権を握る者たちは、
自然療法などには見向きもしません。
そんな治療方法では儲からないからです。
癌治療利権が手にする利益は、年間推定で20兆円です。
莫大な利益が、医者、病院、抗癌剤メーカーの
懐に怒濤のように流れ込んでいるのです。

 

医者も、抗癌剤が猛毒物質である事を知っています。
だから、自分や身内には絶対に抗癌剤は打たせません。
患者が食事療法などを希望しても無視して
抗癌剤を打ちまくってきた東大医学部の教授四人が、
自ら癌になったら四人とも抗癌剤拒否で食事療法で治した、
という意味不明なエピソードもあります。

 

医者は、早期発見、早期治療のスローガンのもと、
癌検診で本当は癌でない人たちに癌を宣告します。
癌検診で見つかる癌は、すべて良性の癌もどきです。
癌宣告により、恐怖に打ちひしがれた人々に、
医者は抗癌剤を投与して本物の癌患者に仕立てます。
こうして癌患者の数を増やせば、
彼らの抗癌剤による売上利益も拡大します。
癌検診は、医療利権の市場開拓なのです。

 

抗癌剤で完治した人はいません。
抗癌剤による化学療法は有害無益です。
抗癌剤を投与すると、一部の患者には腫瘍縮小が見られます。
しかし、癌細胞は自らの遺伝子を変化させ、
たちまち抗癌剤の毒性に耐性を獲得してしまいます。
だから、抗癌剤は癌細胞に対して全く効力を失います。
癌患者は、ただ抗癌剤の毒性を被るのみです。

 

人間の体内では、赤ちゃんから老人まで
毎日約5000個の癌細胞が生まれています。
それでも健康でいられるのは、
白血球の一種であるNK細胞が常に体内を
パトロールして癌細胞を退治しているからです。

 

老衰で大往生したお年寄りを解剖したら
約8割に癌があったという報告もあります。
癌が胃、甲状腺、前立腺、乳房など、
体にどこかに潜んでいる人は非常に多いです。
見方を変えれば、人々はすでに癌と共存共生しているのです。

 

過食や喫煙などの不摂生をすると、
気管や消化管の粘膜が傷つきます。
そうすると、傷の周辺の細胞が分裂して穴を塞ごうとしますが、
不摂生を続けると細胞分裂の度に染色体端部テロメアが日増しに短縮し、
やがて限界に達すると、それ以上細胞分裂ができなくなります。
この時、テロメアを複製する酵素テロメラーゼを持った修復細胞が生まれます。
この修復細胞こそが癌なのです。

 

西洋医学では、癌は私たちの命を奪う悪魔の細胞のように扱われていますが、
実は私たちの不摂生の後始末をするために現れた修復細胞だったのです。

 

手術、抗癌剤、放射線治療の三大療法をはじめ、
分子標的剤や遺伝子治療などが
癌の根治に有効性を示せないのは、
そもそも癌の原因を見誤っているからです。
癌は遺伝子変異の病気ではありません。
癌の本当の原因はミトコンドリアが
ダメージを受ける事で起こる呼吸障害です。

 

癌細胞は正常細胞の5倍から20倍のブドウ糖を栄養としています。
三ヶ月以上糖質を断てば、体内から癌細胞供給分のブドウ糖がなくなり、
癌細胞は分裂増殖できなくなり、短期間に自滅すると考えられます。

 

癌は、免疫力が低下した時に表面化してくる症状なので、
発癌してもリンパ球を充分増やし、
癌に猛攻撃を仕掛けられる体調を作れば、
癌細胞は増殖できません。
そこで、癌細胞はリンパ球に負けそうになると散り散りになり、
他の臓器で生き延びようとします。
つまり、リンパ球に負けた癌細胞が転移の正体なのです。
転移した癌は既に疲弊しているので、
リンパ球の追撃を受けるとあっけなく自然消滅します。
転移は癌が治る前兆なのです。

 

多くの癌患者は、低体温で血液中に含まれている酸素が少ないという共通点があります。
しかも、血糖値も高めの人が多いのです。
癌患者に揃っているこの共通の条件、低体温、低酸素、高血糖がポイントです。
ストレスによって、低体温、低酸素、高血糖の状態が、
癌を生み出すのではないかと考えられます。

 

低体温、低酸素、高血糖の状態を解消し、
体内でミトコンドリアが活動しやすい環境を整えれば、
癌細胞は自然に退縮します。

 

癌治療の根幹は、NK細胞を活性化する事です。
ところが、日本の癌医療の現場では、
NK細胞を活性化する事を目的とした治療は全く行われていません。
それどころか、患者のNK細胞の活性の測定さえも、ほとんど行われていません。
厚労省がNK細胞の働きを計算に入れた治療法を認可していないからです。

 

癌を治すには、NK細胞を増やす事です。
NK細胞を増強する方法は三つあります。
・笑う事。
・食事を改める事。
・体を温める事。
です。

 

癌もどき理論の真実

  • マンモグラフィ検診だけで見つかる乳癌は99%が癌もどき。
  • しこりがなくて乳管内から出血して見つかった乳癌もほぼ癌もどき。
  • 乳房を撫でて梅の種のように固く動かないしこりが触れたら本物の乳癌の可能性あり。
  • PSA検査で見つかった前立腺癌の9割以上は癌もどき。
  • 検査で見つかる甲状腺癌の99%は癌もどき。
  • 癌が胃の粘膜上皮内に留まっている患者も99%以上が癌もどき。
  • 咳や血痰などの症状から見つかる肺癌の多くは本物の癌。

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ