鶏白湯は寝る前に新生児に飲ませるとダイエット効果がある

一日一食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

白湯毒出し健康法

白湯

白湯は、飲用を目的とし、
湯をぬるく冷ました物です。
湯冷ましとも呼ばれています。

 

白湯は無味無臭で刺激がないので、
昔から病気の時や抵抗力が
弱っている時などに飲まれてきました。

 

インドの伝統的医学アーユルヴェーダでは、
白湯は体内の毒素を排出する効果があると考えられています。
ヨガの修行者たちは毎日欠かさず白湯を飲んで瞑想しています。

 

最近では某コンヴィニエンスストアの店頭でも
ホットウォーターなるものが販売されています。

 

白湯は日本人の体質に合った飲み物です。
日本人は外国人に比べると民俗的に胃腸の力が弱く
必然的に体全体が冷えやすいという特徴があります。

 

白湯なら新生児から高齢者まで
安心して飲む事ができます。

 

白湯を飲むと誰でもすぐに
胃腸を温める事ができます。

 

胃腸に消化力が低下すると生命活動のすべてが停滞します。
白湯は生命活動の根源である胃腸に直接作用します。

 

白湯を飲むと胃腸に溜まった毒素や
老廃物が洗い流されて綺麗になり、
余分なものがなくなって消化力が高まり、
体全体が本来の機能を取り戻していきます。

 

女性は男性に比べて胃腸が冷えやすいので
白湯の効果が短期間で現れると思います。

 

白湯健康法のやり方はとてもシンプルです。
朝起きたら一杯の白湯を飲むだけです。
目覚めたばかりのゼロの状態で
白湯を飲むのがポイントです。

 

朝は毒素が最も体外に
排出されやすい時間帯です。

 

朝の時間帯に白湯を飲むと
胃腸の消化力が自然と高まり
体がより一層浄化されるようになります。

 

起床直後の体はとても冷えています。
朝の時間帯は冷たいものの飲食を控えて
白湯を飲むようにすると代謝が上がって体が温まり
その日一日の体調が良く感じられるようになります。

 

起床後の空腹時に食事をするよりも、
一杯の白湯を胃腸に入れておく方が、
血糖値の上昇を緩やかにすると言われており、
食後の眠気を解消する事もできます。

 

白湯は味気ないものですが、
飲み始めて1週間くらい経つと、
ほんのりした甘味が楽しめるようになります。
腸内環境が改善されてくると
白湯は甘く感じられるようになります。

 

毎日白湯を飲み続けていると自分の
体が何を求めているかが分かってきます。

 

本当に必要な物だけを食べるようになり、
食べる量が自然に抑えられ、
体重が適正に近づいていきます。

 

消化・吸収が悪いと体重は減りません。
胃や腸などの内臓の働きが良くなれば、
食べた物の栄養はしっかり消化・吸収され、
不要な物はしっかり排出され、
体重も適正な数値になるのです。

 

白湯をゆっくり胃に流し込むと、
内臓が温まって活発に動き出し、
血液の循環が良くなり、
代謝が上がって脂肪が燃焼しやすくなります。

 

白湯を飲み始めて1ヶ月ほどすると
消化力、浄化力、代謝力が高まり
体重が2〜3kg落ちるようになります。

 

胃腸は37℃以上で働き出すと言われています。
白湯の持つ熱の力で、
胃、小腸、十二指腸の働きが高まり、
代謝や消化力が上がり、
未消化物である毒が排出されます。

 

外側から局部だけを温めようとしても
実はなかなか温める事ができません。
白湯を飲んで内側から温まると
末端まで血液が巡るようになるので
手足の冷えも自然に改善します。

 

女性の場合、お腹を温めると
子宮や卵巣の機能が活発化し、
女性ならではの機能が高まります。

 

白湯は冷めたら効果がなくなります。
沸かし直しも効果がなくなります。

 

電子レンジで温めるのは厳禁です。
電磁波により食品の組成を変えてしまうからです。

 

白湯を一度に大量に飲むのは厳禁です。
胃液が薄まり、消化の妨げになります。
体に冷えや浮腫みにも繋がります。

 

1日に摂取する白湯は5杯までが上限です。
1日に1リットル以下、
できれば700〜800ミリリットルが理想です。

 

就寝前に白湯を飲むと
副交感神経が優位になり、
睡眠の質を高める事が可能になります。

 

白湯の飲み方

@やかんまたはお鍋に水を入れて沸騰させる。
A沸騰したら蓋を開けた状態で火を弱め10分ほど沸騰させる。
B体温より少し高い位の飲みやすい温度まで冷ましたら湯呑み茶碗に注ぐ。
C白湯を前に楽な姿勢で座り心を落ち着ける。
D一口ずつゆっくり飲む。

 

白湯を飲むタイミング

  • 朝起きた時。
  • 食事の最中。
  • 喉が渇いた時。
  • 就寝前。

 

白湯を飲むメリット

  • 胃が温まる。
  • 腸が綺麗になる。
  • 消化力が高まる。
  • 基礎代謝が上がる。
  • 五感が鋭敏になる。
  • 自律神経が整う。
  • 胃もたれが改善する。
  • 二日酔いが改善する。
  • 手足の冷えが改善する。
  • 日中の眠気がなくなる。
  • 肌が綺麗になる。
  • 下半身の浮腫みが改善する。
  • 肩凝りが軽減する。
  • 慢性的な疲労感がなくなる。
  • 食事の好みが変わる。
  • 花粉症が改善する。
  • 蕁麻疹が出なくなる。
  • アレルギー性鼻炎が軽減する。
  • 不妊症が改善する。
  • 動脈硬化が改善する。
  • 関節痛が改善する。
  • 血糖値が安定する。
  • 血圧が正常値になる。
  • 視力が回復する。
  • 口内炎が改善する。
  • 生理痛が改善する。
  • 貧血が改善する。
  • バセドウ氏病を予防する。
  • 橋本病を予防する。
  • 更年期障害と無縁になる。
  • 膀胱炎が完治する。
  • 風邪をひかなくなる。
  • 喘息の発作が改善する。
  • 吹き出物が消える。
  • 頭痛が軽減する。
  • 骨粗鬆症が改善する。
  • 痛風が改善する。
  • 睡眠時無呼吸症候群が改善する。
  • 月経前症候群が改善する。
  • 腰痛が改善する。
  • 心筋梗塞が改善する。
  • 認知症が改善する。
  • 睡眠の質が高まる。

 

白湯飲み健康法を実践している著名人

  • 紫吹淳
  • 千葉麗子
  • 山本モナ
  • 深田恭子
  • 江角マキコ
  • 宇多田ヒカル
  • 牧瀬理穂
  • 秋元才加
  • 平子理沙
  • 米倉涼子
  • 桐谷美玲
  • 壇れい
  • ベッキー
  • 長澤まさみ
  • 小嶋陽菜
  • 井上真央
  • 木下あおい
  • 八藤浩志

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ