ミッチェル・ゲイナー医学博士『シンギングボウルはチャクラを調整する』

あじまりかん

Facebook&Twitterで共有×拡散!

ゲイナー式とは

ミッチェル・ゲイナー

ミッチェル・ゲイナー博士は医学博士で、
コーネル大学医学校付属ニューヨーク病院
ストラング癌予防センターの腫瘍医科長で、
統合医療プログラム所長でした。

 

古来、人間は様々な芸術を生み出してきましたが、
人間が創造した芸術の中でも、
音楽は最高峰に位置します。

 

絵画が二次元芸術、
彫刻が三次元芸術だとすれば、
音楽は四次元芸術だと言えます。

 

赤ん坊が生まれてから一番最初に
体験するのは聴く事です。

 

五感の中でも聴覚は、生まれて最も
初期の段階から活発に働きます。

 

妊娠20週くらいでも胎児の聴覚の神経細胞は
かなり成長していると言われています。

 

聴覚は生まれる前から機能しており、
胎児の時から母親の心音を聴き、
胎教の一環として流した音楽や
両親の語りかけを聴いています。

 

五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、
味覚という五種類の感覚の総称ですが、
中でも「脳の関門」と呼ばれているのが聴覚であり、
脳に供給されるエネルギーの90%以上は
耳から調達していると言われています。

 

音は、空気などが振動して起こる波です。

 

一秒間に繰り返される波の数を周波数と言い、
単位はHzで表します。

 

その数が少ないほど低周波、
多いほど高周波と言い、
通常6000Hz以上を高周波と言います。

 

一般に、人の耳に聞こえるのは
約20Hz〜20000Hzまでの音とされています。

 

人の耳に聞こえない20000Hzを
超える高周波を超音波と言います。

 

現代人は自動車や電化製品など人工物の
出す単調な低い音に囲まれて暮らしています。

 

これらの音はほとんど低周波です。
低周波は負のエネルギーを多く含み、
運と体調を悪くする音です。

 

低周波の音に長時間晒されていると
そこで働いている人の波動が下がります。

 

低周波の音は生産性を下げ、
時には職場での暴力行為を
引き起こす可能性さえあります。

 

それに対して、自然界にある川のせせらぎ、
鳥のさえずりなどは、高周波の音です。

 

高周波の音は、喜びをもたらすドーパミンや、
心を安定させるセロトニンなどの
脳内ホルモンの分泌を促します。

 

波動は周波数であり、
エネルギーそのものです。

 

量子力学の世界では
「万物はすべて振動している」
と言われています。

 

静止しているように見える固体ですら、
振動しているのです。

 

物質は分子からなります。
分子は原子からなります。
原子は原子核と電子からなります。
原子核は陽子と中性子からなります。
陽子と中性子はクォークからなります。
クォークは現在6種類の存在が確認されています。
クォークは回転運度をしながら
球体になっているエネルギーです。

 

波動を上げる方法は色々ありますが
一番簡単なのは波動が高い音を聴く事です。

 

音は周波数そのものであり、
潜在意識に直接働きかけられます。

 

私たちの体はほとんど水分でできています。
体は65%、脳は80%、血液は90%が水分です。

 

音の振動は、空気中で伝わる速度よりも、
水中では約4倍、骨の中は約16倍の速度で伝わります。

 

耳で聴いて脳が認識するよりも物凄い速さで
私たちの体内の水分に届き、骨に届き、細胞に届きます。

 

そして、全身の水分、骨、筋肉、細胞を振動させて
様々な感情を解放して浄化して波動を高めてくれます。

 

すべてのものは固有の周波数を持っています。
そして、周波数が高いほど若返りの方向に、
周波数が低いほど停止、老化、死の方向に近づきます。

 

単調な低周波を出す人工物に囲まれていると、
脳のエネルギーが枯渇し、停止や老化の方向に進みやすくなります。
当然、運や体調も悪化、停滞してきます。

 

私たちの体を作っている60兆個の細胞も
それぞれの固有の周波数を持っています。

 

細胞が正しい周波数で振動していれば
私たちは健康を保つ事ができるのですが、
何らかの要因により細胞の正常な働きが滞ると
周波数が乱れて体が不調を引き起こします。

 

気になる部位に固有の周波数の音を当てると
共鳴現象が起きて自然治癒力が活性化され
本来の周波数に戻ろうとする力が働きます。

 

地球各地の美しい自然音の中には、
人間に音として聞こえる周波数上限を遥かに
上回る超高周波成分を持つものが珍しくありません。

 

しかも、そのような非知覚成分を含む音によって、
脳幹、視床、視床下部を含む脳基幹部の
活性が歴然と上昇する事が分かっています。

 

脳基幹部は私たちの心と体を制御する中枢です。

 

知覚を超える高周波成分に富んだ音が
もたらすこの部位を活性化する効果は、
物質レヴェルでみるヴィタミンや微量元素さながらであり、
まさに必須音と呼ぶに相応しいです。

 

音は直接、体に作用するだけではなく、
感情レヴェル、思考レヴェル、
霊的レヴェルに深く触れ、
その人を変容させる事によって、
結果的に体に作用するという効果をもたらします。

 

音楽の振動を直接、
体に伝えるヒーリングバイブレーションは、
癌患者の細胞にダイレクトに働き、
心に深い安らぎをもたらします。

 

そして、自分自身の生命のエッセンスに触れる
効果的な補助役として大変役立っています。

 

お酒や農産物などに音楽を聴かせる熟成法や
栽培法は比較的よく知られています。

 

そもそも、生体内の蛋白質には
音楽性が秘められているというのです。

 

酵素であれホルモンであれ蛋白質は
20種類のアミノ酸の組み合わせからできています。

 

そうしてできあがるたんぱく質の種類は膨大です。

 

そして、その一つ一つのアミノ酸配列は勿論異なります。

 

アミノ酸が集まってたんぱく質が合成される時に、
スケーリング波動というものが発生します。

 

その振動数を音符に変換すると、
それぞれのたんぱく質固有のメロディになるというのです。

 

中でも最も多いのはモーツァルトと
ベートーベンの曲に似たメロディなのだそうです。

 

ミッチェル・ゲイナー博士は、
音と体の関わりを総合医療の立場から説き、
チベットのシンギングボウルやクリスタルボウルによる
体への振動による細胞とDNAに直接響く方法で、
精神安定、免疫向上など、
幅広い医療効果を得ていました。

 

実際に癌をはじめとする難病・奇病の
治療に対して驚異的な成果を上げていました。

 

クリスタルボウルは人類最古の
楽器の一つと考えられています。

 

クリスタルボウルは天然の水晶を
高熱で溶解して成型した楽器で、
超古代文明アトランティスでは、
癒しの道具として使われていました。

 

クリスタルボウルの原材料は水晶です。
水晶の主成分である珪素は、
私たちの骨や爪や髪の毛にも含まれています。
珪素は体内の有害物質を除去して
コラーゲンを定着させる働きがあります。

 

クリスタルボウルの音色は私たちの
骨の中にある珪素と共鳴して骨を
細かく振動させるので体の内側から
響いているように聴こえます。

 

私たちの体にはチャクラという7つのエネルギースポットがあり、
それぞれのチャクラには潜在能力を開花させる役割があります。

 

チャクラは誰もが体の主要部分に持っています。
主要なチャクラは尾骨から頭頂部に
かけて脊椎に沿って7つあります。

 

私たちはチャクラを通して外界と
体内のエネルギーを交換しています。

 

私たちは常にチャクラをできるだけ開いて体内の
エネルギーの循環をスムーズにする必要があります。

 

チャクラが開いていると気の流れが良くなります。
チャクラが閉じていると気の流れが悪くなります。

 

クリスタルボウルは7つのチャクラに
対応する音色を持っています。

 

クリスタルボウルの演奏を聴くとチャクラが
開いて潜在能力を目覚めさせる事ができます。

 

自宅でクリスタルボウルCDを流すだけで
部屋がヒーリングルームに早変わりします。

 

毎日、クリスタルボウルCDを聴き続ける事でチャクラが開く範囲が広がって
心身ともに安定し物事を肯定的に受け止められるようになります。

 

クリスタルボウルの音色は脊椎の中に働きかけ、
共鳴を起こし、血液の中の水分の結晶体を細かくし、
全身に綺麗な血液が流れ始めて血液循環が良くなり、
老廃物が排出されて新しい血液が作り出されます。
従って、血液に関する疾患にも効果が期待できます。
体の血液が綺麗になると心もポジティヴに変化します。

 

クリスタルボウルの音色は交感神経の働きを
抑制して副交感神経の働きを優位にします。

 

クリスタルボウルの演奏を聴き始めると約30秒で
脳波がアルファ波からシータ波になります。

 

脳波がシータ波になるとβ-エンドルフィンが分泌されます。

 

β-エンドルフィンが分泌されると思考があまり働かなくなり、
深いリラックス状態になり、変性意識状態と禅的体験が誘発され、
体の深いプロセスが活性化されます。

 

音楽はA10と呼ばれる神経を刺激します。
A10神経は快感中枢とも呼ばれています。

 

音楽を聴いてA10神経が刺激されると
β-エンドルフィン、ドーパミン、セロトニンなどが分泌されます。

 

クリスタルボウルの生演奏を20分間聴くと良い変化が現れ、
その効果は3〜5日間継続します。

 

クリスタルボウルの生演奏を聴いた後は体に
珪素、カリウム、ナトリウムなどが不足するので
水、プルーン1個とナッツ3個orバナナ半分を補います。

 

クリスタルボウルは睡眠中に聴くのが理想的です。
睡眠中はエゴの活動が弱くなり、高次元の意識が働くからです。

 

今やクリスタルボウルはアメリカや
ヨーロッパでは癌の治療にも使われており、
癌の進行が止められる事が報告されています。

 

クリスタルボウルは肉体と精神の両方に
一度にアプローチができる治療法でもあります。
未来の医療ツールとしても注目を集めています。

 

今後、音を活用する治療は多くのドクターや
ヒーラーにとって標準的なものとなるでしょう。

 

現在では音楽を聴く時はほとんどCDから
iTunesに音源をインポートすると思います。

 

iTunesの音質は
WAV&AIFF=ALAC>MP3&AAC
という感じです。

 

クリスタルボウルCDをiTunesにインポートする際は
MP3ファイルにならないように注意しましょう。

 

MP3ファイルはデータが圧縮される際に
聴こえない周波数がカットされてしまい、
本来の効果が享受できなくなります。

 

クリスタルボウルCDをiTunesに取り込む際は
インポート設定を無圧縮のWAVエンコーダにして下さい。

 

クリスタルボウルの理想的な聴き方

  • 聴く前にコップ1杯の水を飲む。
  • 頭をスピーカーに向けて寝ながら聴く。
  • 聴き終わったらコップ1杯の水を飲む。

 

クリスタルボウルの効果

  1. 血液が綺麗になる。
  2. 自律神経を整える。
  3. 引き寄せ体質になる。

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ