コールラビの栄養・効果

1日1食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

コールラビは胃腸の調子を整える

コールラビ

コールラビは地中海北部原産の
アブラナ科の越年草の茎菜です。

 

16世紀にはすでにヨーロッパ全土で栽培されていました。
中国でも古くから野菜として認識されていました。
日本に伝来したのは明治時代の初期頃だと言われています。
実は歴史のある野菜なのです。

 

日本では馴染みのない野菜ですが、
国内では、宮崎県、茨城県、
愛知県などで栽培されています。
特に宮崎県宮崎市清武町では
盛んに栽培されています。

 

コールラビは輸入物を多く扱うスーパーや
百貨店の野菜コーナーで購入できます。

 

コールラビはあまり市場に出回っていませんが
イタリアンレストランなどでは使われる事が多いです。

 

最近は自宅で栽培する人も増えているそうです。
コールラビは高温や低温に耐える力があり、
暑さにも寒さにも強くて育てやすいので、
プランターによる家庭菜園で意外に簡単に栽培できます。

 

キャベツの芯やブロッコリーの茎などに似た風味で、
食感は蕪や大根に似ています。

 

サラダ、シチュー、マリネ、
ナムル、浅漬け、酢の物など、
和洋中どんな料理にも合います。

 

コールラビには、ヴィタミンB2、C、U、K、
食物繊維などを含んでいます。

 

コールラビはヴィタミンCがかなり豊富で、
その含有量は淡色野菜の中ではトップクラスで、
キャベツをも上回ります。

 

ヴィタミンCはコラーゲンの合成を促すので
美肌効果が期待できます。

 

加熱によってヴィタミンCが
損なわれる割合が少ないので、
煮物、炒め物、和え物など、
どんな調理法でも美味しく食べられます。

 

コールラビにはヴィタミンUが含まれているので、
胃腸障害の改善にも役立ちます。

 

コールラビの調理方法

外側の皮は硬いので
厚めに剥く事。
炒め物にするなら
下茹でしてから使うと
火が通りやすくなります。

 

コールラビの保存方法

長期間、葉がついたままにしておくと
水分や栄養素が失われやすくなり、
あまり日持ちしないので、
根元に近い部分で
茎と葉を切り分けておきます。
乾燥を防ぐために、
水で湿らせた新聞紙などに包んで
冷蔵庫に保管します。

 

コールラビの品種

  • アーリー・ホワイト・ビエンナ
  • デリッカス
  • グランド・デューク
  • ホワイト・ゴリアード
  • アーリー・パープル・ビエンナ

 

コールラビの薬効

  • 美肌効果
  • 整腸作用
  • 免疫力向上
  • 癌予防
  • 高血圧予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ