太田成男先生『ミトコンドリアを増やすサプリ』

1日1食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

太田式とは

ミトコンドリア増やす

太田成男先生は、福島県出身の生物学者で、日本医科大学大学院教授です。
専門は分子細胞生物学で、ミトコンドリア研究の第一人者として知られています。
水素医学研究の第一人者としても知られています。

 

46億年前、地球が誕生しました。
38億年前、原核生物が誕生しました。
21億年前、真核生物が誕生しました。

 

原始生物にとって、酸素は蛋白質やDNAを傷つけて生命を脅かす毒でした。
原始生物が生き延びるためには、酸素に抵抗しなければなりませんでした。
そこで、原始生物は自らの細胞質の中にミトコンドリアを取り込み、
酸素に覆われた地球でも生き延びる事ができるようになりました。

 

人間は60兆個の細胞から成り立っており、
その細胞の一つ一つに数百から数千ものミトコンドリアが存在します。

 

もともとミトコンドリアは独立した生物で、
私たちの細胞の核内のDNAとは別のDNAを持っており、
外来種という事になります。

 

すべての動物は食べ物からエネルギーを取り出して活動しています。
エネルギーの正体は電気です。
電気エネルギーがなければ細胞は自らを維持できません。
すべての物質は原子核と電子からなる原子でできています。
原子が安定した状態を保つためには、
常に電子を引き付けておく電気的エネルギーが必要になります。

 

食事で摂取した栄養分は体内で消化吸収された後、
解糖⇒クエン酸回路⇒電子伝達という段階を経て、
ATPという有機化合物になります。
ATPは地球上のすべての動物、植物、微生物が、
生命活動を維持するのに欠かせないエネルギー源です。

 

ミトコンドリアでは、食べた物を電気に変換し、
その電気エネルギーを使ってATPを合成します。
ミトコンドリアが1日に作るATPの量は約50kgです。

 

ミトコンドリアの質が良ければ活性酸素を少なくして害を抑えてくれます。
ミトコンドリアの質が悪ければ活性酸素を作り出して体に害を与えます。

 

このミトコンドリアの一部が異常をきたし、
機能低下する事で起こるのがミトコンドリア病です。
主にエネルギー需要の高い脳、心臓、骨格筋などで症状が出ますが、
すべてのミトコンドリアが一様に異常な訳ではなく、様々な症状が出ます。
ミトコンドリア病は1980年代に報告され、
平成21年に厚生労働省の特定疾患に認定されました。
国内の認定患者は1000人以下ですが、
ヨーロッパにはその20倍以上の患者がいる事を考慮すると、
潜在的には数万人はいると考えられます。

 

健康な人と不健康な人の違いはミトコンドリアの量にあります。
女性が長生きなのはミトコンドリアの量が多いからです。
人間には白筋と赤筋の二つの筋肉があります。
男性には瞬発力を担う白筋が多く、
女性には体を支える赤筋が多いです。
ミトコンドリアは赤筋に多く含まれている事が分かっています。
しかも、女性ホルモンにはミトコンドリアを増やす働きがあります。

 

エネルギーを効率よく作るためには、
ミトコンドリアを増やす必要があります。
ミトコンドリアを増やすと、
エネルギー生産時に活性酸素の発生を抑える事ができます。

 

それぞれのミトコンドリアの質は異なっており、
高品質なミトコンドリアもあれば、
低品質なミトコンドリアもあります。
私たちの体には低品質なミトコンドリアを処分する機能が備わっています。
ミトコンドリアを増やすと、低品質なミトコンドリアを処分する事が可能になるので、
結果的にミトコンドリアの質が良くなります。

 

ミトコンドリアを増やす方法は非常にシンプルです。
体に「エネルギーが必要だ」というシグナルを与えればいいのです。
しかも、わずか1週間で成果が出るのです。

 

体を動かさないでばかりいると、
ミトコンドリアの数が極端に減り、
エネルギーを作れない体になってしまいます。

 

筋肉の細胞にはミトコンドリアが多く含まれています。
筋肉の中でも太股と背中の筋肉に多く含まれています。
運動して筋肉の量を増やせばミトコンドリアの量も増え、
体全体のミトコンドリアの働きも活性化します。
太股の筋肉を鍛えるのに最も効果的な運動はスロースクワットです。
背中の筋肉を鍛えるのに最も効果的な運動はアブアイソメトリックです。
1分間の軽めの運動と30秒間の強めの運動を繰り返すサーキットトレーニングも、
ミトコンドリアを増やすのに効果的です。

 

少量の活性酸素は長寿に繋がります。
有酸素運動をすると活性酸素が増えますが、
その活性酸素を解毒しようとする働きも生まれ、
活性酸素を除去する酵素も増えるので、
かえって免疫力が上がってくるのです。
これをホルミシス効果と言います。

 

寒さを利用するだけでもミトコンドリアを増やす事は可能です。
私たちの体は寒さを感じると体温を上げるためにエネルギーが必要だと判断し、
ミトコンドリアを増やしてエネルギーの量産態勢に入ります。
人間の場合は12度で10分というのが適当ではないかと言われています。

 

空腹になるとグレリンが沢山分泌されます。
グレリンはミトコンドリアを強くする事が分かっています。
グレリンを人間に投与すると様々な病気に
効果を示す事が報告されています。

 

ミトコンドリアを増やすためには、
総摂取カロリーを減らすよりも空腹を感じる事が重要です。
一日断食して、次の日に思う存分食べ放題を満喫しても効果はあります。
間欠断食はミトコンドリアを最大限に活性化させます。
週末断食をするだけでも長寿の効果が期待できます。

 

ミトコンドリアを増やす生活術

  • 赤筋を鍛える。
  • 姿勢を良くする。
  • 寒さを感じる。
  • 空腹を感じる。

 

ミトコンドリアを増やす食材

食材 成分 効果
硫化アリル 抗酸化物質に変化
大蒜 硫化アリル 抗酸化物質に変化
トマト リコピン 活性酸素を抑制
タウリン ミトコンドリア増殖に不可欠
ブロッコリースプラウト スルフォラファン 抗酸化物質に変化

 

アメリカの大手ケミカル製品メーカーでは、
DNAチップという最先端の手法を用いて、
ミトコンドリアを活性化する複数の成分を組み合わせた、
究極のミトコンドリアサプリメントを商品化しています。

 

今や世界の長寿研究の中心はミトコンドリアにシフトしています。


スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ