ピスタチオの栄養・効果

不食方法

Facebook&Twitterで共有×拡散!

ピスタチオはナッツの女王

ピスタチオ

ピスタチオは地中海沿岸原産の
ウルシ科カイノキ属の
落葉樹の堅果です。

 

ピスタチオは約4000年前から
古代トルコやペルシャなどで
自生していたとされています。

 

紀元前にローマや地中海沿岸に伝わり、
19世紀にはヨーロッパからアメリカの
カリフォルニアに伝わりました。

 

19世紀初頭には日本にも導入されましたが、
日本の気候には合わなかった模様で、
国内での栽培は定着しませんでした。

 

ピスタチオの主な産地は、
イラン、アメリカ、トルコ、シリア、中国などです。

 

ピスタチオは別名
「グリーン・アーモンド」とも呼ばれています。

 

古代、女王シバが好んだ事から
「ナッツの女王」とも呼ばれています。
女王シバはピスタチオをロイヤルフードとして位置づけ、
個人目的の栽培を一切禁止していたそうです。

 

ピスタチオには、オレイン酸、リノール酸の不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

 

ピスタチオは、脂肪56%、炭水化物21%、蛋白質17%で、
ヴィタミンA、B1、B6も多く含まれています。
コレステロールとトランス脂肪は含まれていません。

 

ヴィタミンAには抗酸化作用があり、
皮膚や粘膜などの衰えを防いだり、
目の健康を維持したりします。

 

ヴィタミンB6は、脂質、蛋白質を分解する働きを助けます。
食物繊維が約10%も含まれているので、
整腸効果が期待できます。

 

ピスタチオはナッツの中で最も
多くカリウムを含んでいます。
カリウムはナトリウムを体外に排出する働きがあり、
高血圧予防の効果が期待できます。

 

ピスタチオは他のナッツ類よりも
多くのルティンを多く含んでいます。
ルテインは眼精疲労回復に効果的です。

 

ピスタチオは殻付きで売られているので、
殻を割って実を取り出す作業が面倒です。
しかし、この面倒な作業がダイエットに繋がるのです。
殻を割って実を取り出すのに時間がかかるので、
少量で満腹感を得る事ができるのです。
食べてから満腹中枢が刺激されるのに20分かかるので、
ゆっくり時間をかけて食べる事がダイエットに繋がるという訳です。

 

ピスタチオの品種

  • アンテップ・ピスタチオ
  • フロリダ・ピスタチオ

 

ピスタチオの薬効

  • 疲労回復
  • 整腸作用
  • 貧血予防
  • 高血圧予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ