コーヒーの栄養・成分・効果・効能・害・デメリット

アセンション症状2017

Facebook&Twitterで共有×拡散!

コーヒーは紫外線から肌を守る

コーヒー栄養

コーヒーはコーヒー豆を焙煎して挽いた粉末から、
湯または水で成分を抽出した飲み物です。

 

人間とコーヒーの関わりには古い歴史があり、
コーヒーの赤い実は有史以前から食用にされていたようです。

 

コーヒーの起源は9世紀のエチオピアで山羊飼いの少年カルディが、
普段は大人しいはずの山羊たちがコーヒーの実を食べ、
突然興奮し出したのを見たのがきっかけだったそうです。

 

その後、コーヒーはイスラム教徒の
秘薬として飲まれるようになり、
アラビア半島へと渡りました。

 

トルコでは豆を焙煎、粉砕して、
煮出した上澄みを飲むトルココーヒーが誕生し、
さらにヨーロッパに渡ると、
様々な抽出法が発明され、
西洋のコーヒー文化が花開きました。

 

17世紀にヨーロッパで人気に火が付いたコーヒーは
政治家から文化人まで広く愛されるようになりました。

 

フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトも
コーヒーの愛飲家として知られています。

 

日本へは江戸時代にオランダを通じて持ち込まれましたが、
本格的に普及するようになったのは明治以降になります。

 

コーヒーほど多くの抗酸化物質を
提供する飲料は他にありません。
果物や野菜にも抗酸化物質が豊富に含まれていますが、
コーヒーが最も吸収率が高いようです。
アメリカ人はコーヒーから最も多くの抗酸化物質を
摂取しているという報告もあります。

 

コーヒー豆に含まれる栄養成分には、
ヴィタミンB2、ナイアシン、カリウムなどがあります。

 

コーヒーには、窒素化合物、カフェイン、クロロゲン酸、
タンニン、油脂などの薬理作用のある成分が含まれています。

 

コーヒーに含まれるカフェインには
中枢神経の興奮や
覚醒を促す作用があり、
集中力や認知機能を高め、
気分を高揚させます。
すると、交感神経の興奮が高まるため、
アドレナリンやノルアドレナリンが分泌され、
その影響で内臓脂肪の分解が進みます。

 

カフェインには、脂肪分解酵素リバーゼを活性化させ、
体内の脂肪の燃焼を促す働きがあります。

 

コーヒーと運動を併用すれば
内臓脂肪の燃焼が高まり、
肥満や糖尿病の予防・改善が期待できます。

 

コーヒーを飲んで約1時間後に
運動を始めるのが理想的です。

 

運動1時間前にコーヒーを飲むと
運動後のエネルギー消費量が増加し、
効率よく脂肪を燃焼させる事ができます。

 

コーヒーを飲んで約1時間が経過すると、
カフェインの作用によって
遊離脂肪酸FFAの数値が上昇します。
この時に運動すればエネルギー源として
遊離脂肪酸FFAが使われる事になり、
中性脂肪の分解がより進みます。

 

カフェインはミトコンドリアを活性化させる働きがあります。
ミトコンドリアは血糖値を下げる働きがあるので、
カフェインによって血糖値は下がります。

 

カフェインには睡眠物質プロスタグランジンD2を
ブロックする作用があります。
また、メラトニンの分泌を抑える作用もあります。

 

コーヒーをブラックで飲むと
90分から150分でカフェインの効果が切れてきます。
その際、かえって疲労感が増すという場合があります。
しかし、乳製品と一緒に摂ると
脂肪分がカフェインの吸収を緩やかにして
効果が切れた時の反動を和らげてくれます。

 

カフェインには認知能力の低下を
防ぐ効果が認められています。
コーヒーを飲む量は
1日450mlが適量とされています。
スターバックスのグランデサイズないし、
小さめのコーヒーカップなら3杯くらいです。
それ以上のカフェインの摂取は
脳への刺激が過剰になり、
メリットよりもストレス過敏による
デメリットの方が大きくなってしまいます。

 

カフェインにはカテコラミンという攻撃ホルモンを
増やす興奮作用があります。

 

コーヒーを飲むと、カフェインの刺激で脳が覚醒し、
コルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。
人間の体は午前中は元々コルチゾールの分泌が多いので、
朝の時間帯にコーヒーを飲むのは特に問題ありません。
睡眠に影響しないよう、コーヒーを飲むのは午後3時までにしましょう。
夜は穀物コーヒー、蒲公英コーヒー、
ハーブコーヒーがお勧めです。

 

妊娠中の人、
心疾患のある人、
カフェインの代謝が悪い人、
カフェインが体内に溜まりやすい人、
カフェインで興奮作用が出やすい人は
カフェインレスのデカフェタイプを飲めばいいでしょう。

 

コーヒーは覚醒効果が高いですが、
香りを嗅ぐだけであれば
睡眠を促す効果があります。
コーヒーの香りを嗅いだ時の脳波を調べると
アルファ波が多く出ている事が分かっています。
ただ、豆の種類によって効果は異なります。
睡眠作用を高めるのは
グアテマラとブルーマウンテンです。

 

コーヒーを飲む時は、
糖質を含んでいる砂糖や
クリームを入れないのが鉄則です。
カフェインと糖質を一緒に摂取すると、
中性脂肪になるスピードが速くなります。

 

以前、コーヒーは胃癌や心筋梗塞を
増やすのではないかと言われていましたが、
コーヒー愛飲者には喫煙者が多かったため、
煙草の影響が混同されていたのです。
煙草の影響を取り除いたコーヒーのみの調査では
健康に良いという結果が多く出ました。

 

コーヒーに含まれている
カフェインには習慣性がありますが、
適量飲む分には中毒性はなく、
1日3杯程度が目安となります。

 

カフェインには胃酸の分泌を促進する作用があるので、
胃酸過多の人はコーヒーを控えた方がいいでしょう。

 

日本人の胃の粘膜は
欧米人よりも弱いので
飲み過ぎには注意しましょう。

 

コーヒーの飲み過ぎや
カフェインの摂り過ぎは
不整脈や痙攣などを
引き起こす可能性があります。

 

コーヒーの生豆にはトリゴネリンという苦味成分が含まれています。
トリゴネリンはアミノ酸の一種で、
脳内神経細胞を繋ぎ直して認知症を改善する効果があります。
コーヒー豆を長時間高温で焙煎する段階でトリゴネリンは変質してしまいます。
最も焙煎の浅いアメリカンコーヒー用の豆はトリゴネリンを多く含んでいます。

 

コーヒーには糖尿病予防に効果があると言われています。
2005年にアメリカのハーバード大学が発表した研究結果により、
1日にコーヒーを一定以上飲む人は全く飲まない人に比べ、
糖尿病になる確率が女性で30%少なく、
男性で50%少ないという事実が明らかになったのです。
それだけではなく、コーヒーと糖尿病について研究した400編以上もの医学論文の多くが、
「コーヒーは糖尿病を予防する」という結論を導いているのです。

 

コーヒーにはクロロゲン酸という
ポリフェノールの一種が含まれています。
クロロゲン酸には抗酸化作用、抗腫瘍作用など
様々な作用がある事が分かっています。

 

クロロゲン酸は皮膚の
色素細胞に働きかけて
メラニン生成の指令を抑え、
さらにメラニンの取り込みも抑えます。

 

クロロゲン酸は血液中の糖分の
利用を促すインスリンの働きを活性化し、
血液中の糖分の利用が促進され、
血糖値が下がると考えられています。

 

ドリップ、
フレンチプレス、
コーヒーメーカー、
インスタントコーヒーなど、
様々な淹れ方がありますが、
どの淹れ方でもクロロゲン酸は
豊富に含まれています。

 

クロロゲン酸は焙煎すると減少します。
深煎りよりも浅煎りの方が
クロロゲン酸の含有量は多いです。

 

コーヒー豆を高温で焙煎すると、
クロロゲン酸の多くが失われてしまいます。
クロロゲン酸を多く摂るためには、
低温で焙煎した浅煎りのコーヒー豆を
使ったコーヒーを飲むのがお勧めです。
コーヒー豆を選ぶ基準としては、
「浅煎り豆を使用」と表示のある
アメリカンブレンドが最有力候補です。

 

糖尿病予防にはブラックコーヒーが効果的です。
食前にブラックコーヒーを飲めば、
食後の高血糖を防ぐ効果が期待できます。

 

日本で最もコーヒーを
飲んでいるであろう方々は
血糖値も低いに違いありません。
ネスレ日本株式会社の社員の
皆さんの血糖値を伺ってみると、
なんと血糖値に異常のある方は
一人もいませんでした。
ネスレ日本株式会社の皆さんは、
社内ではコーヒーを無料で
何杯でも飲める事もあり、
知ってか知らずか、毎日6〜7杯の
コーヒーからクロロゲン酸を摂取し、
自然に血糖値を抑えている可能性があるのです。

 

コーヒー特有の香り成分のクロロゲン酸には、
ポリフェノールの特徴である抗酸化作用があり、
体内の発癌性物質ニトロソアミンの
生成を抑える事が報告されています。

 

日本でも癌細胞の転移を抑制する事が報告され、
アメリカではコーヒーをよく飲む人は、
大腸癌になりにくいという疫学調査結果もあります。

 

肝臓癌、子宮内膜癌、大腸癌、食道癌、
頭頸部癌などの予防効果がある事が分かっています。

 

コーヒーの品種

  • アラビカ種
  • ロブスタ種
  • リベリカ種
  • 交雑種

 

コーヒーの薬効

  • 美肌効果
  • 痩身効果
  • 酸化ストレス軽減
  • アディポネクチン増加
  • 鬱病予防
  • 虫歯予防
  • 痛風予防
  • 肝臓癌予防
  • 子宮内膜癌予防
  • 大腸癌予防
  • 食道癌予防
  • 頭頸部癌予防
  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化予防
  • 心疾患予防
  • 脳卒中予防
  • 肝硬変予防

 

焙煎の基本8段階

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ