金柑を生で皮ごと食べると風邪とインフルエンザが予防できる

不食方法

Facebook&Twitterで共有×拡散!

金柑はインフルエンザを予防する

金柑

金柑は、中国原産のミカン科キンカン属の常緑低木の果実です。

 

黄金色に輝く見た目から
「金柑」名付けられたそうです。

 

柑橘類の中で最も小さいので、
別名「姫橘」と呼ばれています。

 

咳止めや喉の痛み止めなどに効果があるとされ、
古くから風邪予防の民間薬として重宝されてきました。

 

日本に渡来した時期は不明ですが、
中国から薬用として渡来したとされています。

 

金柑は宮崎県が日本一の生産量を誇る果物で、
旬は11月から3月です。

 

果実には強い酸味があり、
果皮には爽やかな香りと甘味があります。
金柑は柑橘類にしては珍しく皮ごと生食が可能です。
金柑の果皮には、果実を上回る栄養素が含まれています。

 

金柑には、ヴィタミンC、E、カルシウム、
食物繊維などが多く含まれています。

 

金柑は柑橘類なので当然ヴィタミンCが多く含まれています。
金柑のヴィタミンCの含有量は檸檬とほぼ同等です。
金柑のヴィタミンCは果皮に多く含まれているので、
皮ごと生食するのが最も理想的です。

 

金柑のカルシウムの含有量は果物の中で最も多く、
神経の興奮や緊張を鎮静させる効果があります。

 

金柑の黄金色の色素成分はβ-クリプトキサンチンです。
β-クリプトキサンチンには体内でウィルスなどを
攻撃するNK細胞の働きを活性化させる働きがあります。

 

金柑を1日1〜3個食べると風邪や
インフルエンザの予防の効果が期待できます。

 

β-クリプトキサンチンは皮に多く含まれています。
熱を加えるとβクリプトキサンチンは壊れてしまいます。
金柑は生で皮ごと食べるのが理想的です。

 

金柑の果皮には、ヘスペリジンというヴィタミンPが多く含まれています。
ヘスペリジンはポリフェノールの一種で、柑橘類に多く含まれ、
ヴィタミンCの吸収を助けて毛細血管を丈夫にし、
高血圧や動脈硬化を防ぐ働きがあります。
ヘスペリジンは、柑橘類の実の部分よりも
皮、袋、筋に多く含まれています。
金柑は皮ごと生食できるので、
ヘスペリジンをしっかりと摂取する事が可能です。

 

金柑の果皮に含まれるシネフリンという成分には、
気管支の筋肉弛緩の作用があり、
咳止めの効果が期待できます。

 

金柑は生食するだけでなく、
甘露煮、果実酒、蜂蜜漬け、砂糖漬け、
ジャム、ジュース、シロップ、スムージー、
ドライフルーツとして利用されます。

 

金柑の品種

  • 丸実金柑
  • 長実金柑
  • 福州金柑
  • 寧波金柑
  • 香港金柑
  • 長葉金柑

 

金柑の薬効

  • 咳止め
  • 風邪予防
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ