カボチャの栄養・成分・効果・効能・煮物

アセンション2018

Facebook&Twitterで共有×拡散!

カボチャは冬至の縁起物

カボチャの煮物

カボチャは、南北アメリカ大陸原産のウリ科カボチャ属の果実です。

 

日本には1541年に大分県に漂着したポルトガル船が、
大名の大友宗麟さんにカンボジア産の
カボチャを贈ったのが最初と言われています。
カンボジアから持ち込まれたため、
カンボジアが訛ってカボチャと呼ぶようになったそうです。

 

カボチャはヴィタミンAやカロテンが豊富で、
昔から風邪や中風予防に効果があるとされてきました。
「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」という言い伝えは、
現代の栄養学からも証明できます。

 

果肉の濃い黄色は、癌や老化を予防するカロテンです。
β-カロテンには抗酸化作用があり、
発癌の元凶となる活性酸素を
無害化する働きがあります。
カロテンの一部は、体内でヴィタミンAに変換され、
血管壁や皮膚や粘膜を強化し、
皮膚の美容、動脈硬化、鳥目、眼精疲労、
風邪、肺炎などの予防・改善に奏効します。

 

ヴィタミンB1、B2は血行を良くするので、
体を温め、風邪の症状の緩和に役立ちます。
ヴィタミンCはウイルスへの抵抗力をつけ、
風邪の予防に効果を発揮します。

 

カボチャのヴィタミンEの含有量は野菜の中で最も多く、
優れた抗酸化作用があります。
ヴィタミンEには老化防止の効果があるので
「若返りのヴィタミン」とも呼ばれています。

 

食物繊維も豊富で、整腸作用だけでなく、
大腸癌の予防、血圧の調整などにも効果があります。

 

カボチャの種子は、漢方では「カボチャ仁」と言われ、
回虫や蟯虫の駆虫薬として用いられてきました。
カボチャの種子にはリノール酸が多く含まれており、
動脈硬化の予防と改善に効果的です。

 

カボチャの品種

  • 日本カボチャ
  • 西洋カボチャ
  • ペポカボチャ
  • 交雑種

 

カボチャの効果

  • 整腸作用
  • 風邪予防
  • 眼精疲労改善
  • 癌予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

アセンション2018