チアシードの栄養・効果

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

チアシードは奇跡の植物性蛋白源

チアシード

チアシードは中南米原産のシソ科サルビア属の種子です。

 

古代から中南米のマヤやアステカの民族が食料源としていました。

 

主な原産地は、メキシコ、ボリビア、アルゼンチン、ペルーなどです。
近年、生産量が拡大中という報告もあります。

 

多忙な毎日を送っていても、
オメガ3脂肪酸や食物繊維など、
必須栄養素を少量で効率的に補給でき、
サプリメント感覚で手軽に摂取できます。

 

流行に敏感なセレブやモデルが愛用している事から、
国内のみならず海外でも注目度が急上昇中です。

 

チアシードには、ホワイトチアシードとブラックチアシードの二種類があります。
種子そのままの状態で市販されている事が多いですが、
クラッシュタイプやパウダータイプもあります。

 

チアシードには味も匂いもありません。
そのため、どんな食材や料理にも合います。
ドリンク、スムージー、サラダ、
ヨーグルト、ソース、ドレッシングなど、
使い方は無限大です。

 

チアシードの主な栄養素は、
食物繊維、蛋白質、ヴィタミンA、B6、C、
カルシウム、鉄分、マグネシウム、葉酸などです。
幅広い栄養素が豊富に含まれている事から、
「スーパーフード」と呼ばれています。

 

チアシードはオメガ3脂肪酸が豊富で、
その含有量はサーモンの約8倍です。
オメガ3脂肪酸はαリノレン酸を多く含んでいます。
αリノレン酸は体内で吸収されると、
脳を構成する成分であるDHAやEPAになります。

 

チアシードはカルシウムが豊富で、
その含有量は牛乳の約6倍です。

 

チアシードはマグネシウムが豊富で、
その含有量はブロッコリーの約5倍です。

 

チアシードは葉酸が豊富で、
その含有量は菠薐草の約5倍です。

 

食物繊維の目標摂取量は、
18歳以上で1日あたり男性20g以上、
女性18g以上とされていますが、
これだけの量を摂取するのは大変です。
でも、チアシードなら大さじ1杯で、
レタス300g分とほぼ同量の食物繊維を
手軽に補う事ができてしまいます。
食物繊維は腸内細菌の餌になるので、
腸内環境を整える事に繋がります。

 

チアシードは種子と同量以上の水に浸すと、
水分を含んで10分程度で10倍程度に膨らみ、
ゼリー状になり、とろみが出て、
タピオカのような食感になります。

 

チアシードは保水性があるので、
そのまま食べても胃の中で膨らみます。
少量でも満足感が持続するので、
食べ過ぎ防止にも繋がります。
食事量を減らしても満腹感が得られます。

 

チアシードは加熱しても栄養素は変わらないので、
肉料理や魚料理などにも使う事ができます。

 

運動前の水分補給用飲料に、
チアシードをプラスすると効果が倍増します。
理想的な水分補給や栄養補給になり、
脱水予防にも繋がります。

 

チアシードの摂り過ぎには注意して下さい。
多くても1日20g程度が目安です。

 

チアシードは乾燥した種子の状態です。
種皮によって守られているので、
比較的長期間保存していても、
酸化しにくいのが特徴です。

 

チアシードの開封前の賞味期限は2年ほどですが、
開封後はできるだけ早めにお召し上がり下さい。

 

チアシードの栄養価

  • オメガ3脂肪酸はサーモンの約8倍
  • カルシウムは牛乳の約6倍
  • マグネシウムはブロッコリーの約5倍
  • 葉酸は菠薐草の約5倍

 

チアシードの薬効

  • 美肌効果
  • 整腸作用
  • 痩身効果
  • 認知症予防

 

チアシードの種類

  • ホワイトチアシード
  • ブラックチアシード

 

チアシードを愛食している有名人

  • ミランダ・カー
  • ローラ
  • 道端アンジェリカ
  • 美香
  • 藤原紀香
  • 市井紗耶香
  • 叶姉妹

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ