首の後ろを温めると心因性自律神経失調症は改善する

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

首を温めると健康になる

首

最近、VDT症候群、別名パソコン病が急増しているそうです。
パソコン病とは、パソコンのディスプレイを長時間見続ける事で首に負担が掛かり、
肩や背中の凝り、痛み、頭痛、手の痺れ、脱力感などの症状が現れる疾患です。

 

そもそも頭の重さは、成人で約5kgもあります。
因みに、成人男子の脳の重さの平均は1350g。
それに頭蓋骨や血管などを合わせると、ボウリングの球くらいの重さになる訳です。
この重さを首はいつも支えている事になります。

 

人間の体において、どこよりも首が重要と言われるのは、
生きていく上で大切な器官が集まっているからです。
脳に血液を送る頸動脈、呼吸を保つ気管、食物を胃に送る食道、
様々なホルモンを分泌する甲状腺、体を動かす全神経が集結した脊髄などがあります。
体の中で、これだけ重要な器官が集まっている所は他にはありません。
だから、首の具合が悪くなると、重要な役割を果たせなくなってしまうのです。

 

首は、脳と体を繋ぐとても重要な部位であり、
無数の重要な神経が縦横無尽に張り巡らされています。
首の骨には脊髄という重要な神経の束が通っています。
そのため、特に首の上半分は「脳の一部」と言ってもいいくらいであり、
脳と全身の橋渡しをする重要な繋ぎ目になっています。

 

首に密集している神経の中でも、とりわけ重要なものに自律神経があります。
首の筋肉に異常が発生すると、副交感神経が圧迫され、
その働きが鈍る事により、自律神経失調症が生じるのです。
自律神経失調症が、慢性疲労や不定愁訴のような様々な体調不良が起きる原因です。

 

では、首を守るにはどうしたらいいのでしょうか。
一言でいえば、脊椎のS字カーブを維持する姿勢を保つ事です。
顎を20度くらい上げた姿勢だと背骨がS字型になります。

 

首の筋肉の異常を治して、副交感神経が正常に働くようになれば、
慢性疲労も不定愁訴と呼ばれる症状もすべて解消します。

 

首の筋肉にとって冷えは禁物です。
入浴をする時は、温かいお風呂に浸かって全身浴をするのが理想的です。
その際には、首まできちんと浸かる事が重要です。

 

お風呂から上がった後は、すぐに髪の毛をドライヤーで乾かす必要があります。
濡れた髪の毛はすぐに冷たくなってしまいます。
その髪の毛が首に触れ続けると、首の筋肉が急に冷えてしまいます。
ドライヤーの温風を首に当てると、首の筋肉が温まり、
首凝りを和らげるという効果もあります。

 

あらゆる病気の原因は、頸椎の歪みによる脳幹の機能低下であり、
脳幹を活性化する事が病気の治癒に繋がります。

 

 首の後ろを温める
⇒頸椎を囲む筋肉が緩む
⇒頸椎が正しい位置に戻る
⇒脳幹が本来の機能を回復する

 

首の後ろを温めると、
筋肉内の血管が拡張して血液の流れが良くなり、
筋肉の緊張が緩みます。
その結果、それまで筋肉に引っ張られて歪んでいた頸椎が正常な位置に戻り、
締め付けられていた脳幹が解放され、
本来の機能が回復します。
それと同時に、体内では自律神経の調整が行われます。
自律神経のバランスが整うと、
免疫系、内分泌系、脊髄・筋肉系の働きも連動して良くなり、
自己治癒力を発揮できるようになります。

 

首の役割

  • 脳に大量の酸素を含んだ新鮮な血液を送る。
  • 脳からの指令を全身の自律神経に伝える。

 

首が正しい位置からずれると生じる悪影響

  • 脳からの指令が体の器官に伝わりにくくなる。
  • 心臓から脳への血液の流れが悪くなる
  • 体の動きが悪くなる。

 

首の筋肉の異常が原因で発症する17の疾患

  • 緊張型頭痛
  • 眩暈
  • 自律神経失調症
  • 鬱病
  • パニック障害
  • ムチウチ
  • 更年期障害
  • 慢性疲労症候群
  • ドライアイ
  • 多汗症
  • 不眠症
  • 機能性胃腸症
  • 過敏性腸症候群
  • 機能性食道嚥下障害
  • 血圧不安定症
  • VDT症候群
  • ドライマウス

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ