ドリアンの栄養・効果

一日一食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

ドリアンは果物の王様

ドリアン

ドリアンはマレー半島原産の
アオイ科ドリアン属の
常緑樹の果実です。

 

南アジア地域では有史以前から食べられていたようです。
ドリアンが世界中に浸透したのは
17〜18世紀頃と言われています。

 

現在ではタイ、フィリピン、インドネシアなどから
生果や冷凍果肉が輸入されています。

 

ドリアンの果皮は強固で、
無数の棘に覆われており、
独特の香りを放っており、
上品かつ濃厚な甘味がします。

 

冷凍させてアイスクリームにしても
美味しく食べる事ができます。

 

ドリアンの果実は匂いが強烈なので、
東南アジアの一流ホテル、飛行機内、
地下鉄への持込みは禁止されています。

 

日本ではあまり流通していませんが、
東南アジアでは日常的に目にします。

 

ドリアンは約200品種あるそうですが、
主に流通しているのは4種類です。

 

ドリアンには、β-カロテン、
ヴィタミンB1、B2、B6、C、
ナイアシン、パントテン酸、葉酸、
カルシウム、マグネシウム、
リン、銅などが含まれています。

 

ドリアンにはβ-カロテンが多く含まれています。
β-カロテンには強い抗酸化作用があり、
癌や動脈硬化の予防効果が期待できます。

 

ドリアンはヴィタミンB1が豊富で、
その含有量は果物の中ではトップクラスです。
ヴィタミンB1は体内で糖質をエネルギーに変換する時に
必要な補酵素として重要な役割を担っています。

 

ドリアンはヴィタミンB2が多く含まれています。
ヴィタミンB2は皮膚や爪などの再生を
促進する役割を担っています。

 

ドリアンにはカリウムが多く含まれています。
カリウムは細胞内の余分なナトリウムを排出し、
血圧を正常に保つ働きがあるので、
高血圧予防の効果が期待できます。

 

ドリアンには葉酸が多く含まれています。
葉酸は赤血球を作り出す働きがあり、
貧血予防の効果が期待できます。

 

ドリアンにはナイアシンが比較的多く含まれています。
ナイアシンは代謝を促進する働きがあり、
冷え症を改善する効果が期待できます。

 

ドリアンの保存方法

完熟果実は冷蔵庫に入れて保存します。
未熟果実は常温で追熟させます。

 

ドリアンの品種

  • モントーン
  • カンヤーオ
  • チャネー
  • クラドゥムトン

 

ドリアンの薬効

  • 疲労回復
  • 貧血予防
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ