マンゴーの栄養・効果

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

マンゴーは美肌栄養素の宝庫

マンゴー

マンゴーは東南アジア原産の
ウルシ科マンゴー属の
常緑高木の果実です。

 

マンゴーは聖なる果物として珍重され、
世界三大美果の一つに数えられています。
インドでは4000年以上前から栽培されており、
仏教の経典にもその名が見られます。

 

輸入マンゴーは、メキシコ、フィリピン、
タイ、台湾などが主な生産国です。

 

日本に導入されたのは明治時代前半で、
1970年頃から本格的な栽培が始まりました。
今ではハウス栽培されるようになり、
安定して生産されるようになりました。

 

日本では、沖縄県、宮崎県、
鹿児島県などで栽培されています。
宮崎県の太陽の卵が火付け役となり、
以前に比べてとても身近な果物となりました。

 

現在、世界中で数多くの品種が存在しており、
その数は1000種類以上もあるとされています。
その中でも日本市場に出回っている主な品種は
アーウィン種とカラバオ種の2種類です。

 

国産マンゴーのほとんどは
アーウィンという表皮が濃い赤色の品種で、
一般的に「アップルマンゴー」と呼ばれています。

 

輸入マンゴーのほとんどは露地栽培ですが、
国産マンゴーはハウス栽培を採用しています。

 

マンゴーの実の約80%は水分で、栄養素には、
β-カロテン、ヴィタミンC、カリウム、クエン酸などが含まれています。

 

マンゴーはヴィタミンCを多く含み、
一個で一日の所要量の半分近くが摂取できます。
ヴィタミンCはコラーゲンの生成を促し、
皮膚や血管を丈夫にし、美しい肌を保ちます。

 

マンゴーは果物の中では珍しく、
β-カロテンが豊富に含まれており、
その含有量は枇杷の2倍、柿の15倍で、
果物の中でもトップクラスに位置します。

 

熟すにつれて色が濃くなってきますが、
これに伴ってβ-カロテンの量が増えます。

 

β-カロテンは必要な分だけ
体内でヴィタミンAに変換され、
残った分はそのまま抗酸化作用を発揮します。

 

ヴィタミンAは皮膚や粘膜を強化し、
眼精疲労を回復します。

 

マンゴーのヴィタミンCとβ-カロテンは、
鉄分と結合して体内で吸収されやすくなるので、
貧血の予防に役立ちます。

 

ナトリウムの排出を促すカリウムも比較的多く、
高血圧の予防に役立ちます。

 

造血作用のある葉酸も多く含まれているので、
貧血の予防に役立ちます。

 

マンゴーの黄色の色素には
エリオシトリンというフラボノイドの一種が含まれており、
ヴィタミンCの吸収を促したり、
脂質の過酸化を防ぐ働きがあります。

 

食物繊維も多く含まれているので、
蠕動運動を促して腸内環境を整えてくれます。

 

未熟のマンゴーを購入した場合、
常温で涼しい場所において追熟させます。
完熟したら、ヴィニール袋に入れて冷蔵庫に保存します。
より美味しく召し上がりたいのであれば、
食べる2〜3時間前に冷やすのが理想的です。

 

国産マンゴーは既に完熟しているものが多いので、
購入後はすぐに食べる事ができます。

 

マンゴーの品種

  • アーウィン
  • ケサール
  • カラバオ
  • ナンドクマイ
  • カリフォルニアマンゴー

 

マンゴーの薬効

  • 美肌効果
  • 整腸作用
  • 貧血予防
  • 癌予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ