エストロゲンを増やすには更年期障害サプリが効果的

あじまりかん

Facebook&Twitterで共有×拡散!

エストロゲンを増やす方法

エストロゲン

エストロゲンは卵巣と副腎の中で生産されます。
主に卵巣から分泌され、
「卵胞ホルモン」と呼ばれています。

 

エストロゲンは排卵の準備をするホルモンで、
月経の終わり頃から排卵前にかけて分泌量が増えます。

 

胎児期に浴びたエストロゲンの量が多い人は、
言語を扱う部分の発達が促進されると言われています。

 

エストロゲンは中学生くらいから分泌量が増え、
脂肪も増えて女性らしいボディラインになり、
月経が始まり、妊娠・出産できる体へと成長します。

 

エストロゲンの作用は
実に400以上と言われています。

 

エストロゲンは女性の生理周期を作るだけでなく、
神経や脳にも大きく影響しています。

 

エストロゲンは腸や内臓の運動性に影響を与えていて
さらに増加するとセロトニン機能を正常化し
気分を安定させて体調を良好な状態にします。

 

エストロゲンは皮膚の繊維芽細胞に働きかけて、
コラーゲンやエラスチンを合成する促進する役割を担っています。

 

エストロゲンは肌のコラーゲン量を増加させ、
角質層を瑞々しく保ちます。

 

エストロゲンの分泌量が増える卵胞期後半には、
エストロゲンの作用で肌のコラーゲンや水分が保持されて
肌が潤ったように感じられます。

 

女性にとってエストロゲンは、
認知力・認識力の源です。

 

エストロゲンは脳への血流や栄養を増やし、
脳の神経伝達物質を増やします。

 

エストロゲンには、強力な血管拡張作用と抗酸化作用があります。
これらの作用が血管を拡げ、酸化ダメージから守り、
血栓が形成するのを阻止します。

 

女性の場合、更年期以前は、
心臓や血管はエストロゲンによって保護されています。
更年期を迎えるとエストロゲンの分泌量が減少する事で、
血管が狭くなったり、血栓が形成すると、
脳卒中や心筋梗塞などの発症リスクが高まります。

 

40代半ばから女性の体内では
エストロゲンの分泌量が急激に減少します。
閉経を迎えるとエストロゲンはほとんど分泌されなくな、
最終的に女性のエストロゲンの分泌量は、
同年代の男性よりも少なくなってしまいます。

 

それによって起こる代表的な症状が、
更年期障害です。

 

更年期障害の主な症状は、
不眠、寝汗、鬱症状、
失禁、膣萎縮、子宮萎縮、
月経異常、性欲減退、気分のむら、
顔面紅潮、顔の皺の増加、
肌・乳房の弛みなどです。

 

エストロゲンには血管を拡げて血栓を作りにくくするなど、
心血管系を保護する役割を担っているので、
30代女性で高血圧、高脂血症になる人はほとんどいませんが、
60代女性の場合、同年代の男性と変わらないくらいになります。

 

エストロゲンは破骨細胞の働きを抑え、
骨芽細胞の働きを助ける作用があります。

 

若い頃はエストロゲンの分泌量が多いので、
このバランスが取れています。

 

更年期になってエストロゲンの分泌量が減少すると、
破骨細胞の働きが骨芽細胞に比べて活発になります。

 

その影響で急激に骨粗鬆症が進行し、
大腿骨頭骨折を起こすリスクが高まります。

 

もともと女性は骨塩量が少ないのですが、
閉経を迎えるとさらに減少します。

 

エストロゲンは脳でも作られる事が分かっています。
卵巣の機能低下を補うには、
脳にエストロゲンを作らせる事です。
恋をしたり、おしゃれをしたり、美味しいものを食べたりして、
脳を快の状態にする事が更年期障害の特効薬なのです。

 

女性は閉経を迎えると、
エストロゲンはほとんど分泌されなくなりますが、
不思議な事にテストステロンは増加していきます。

 

閉経後の女性は社会的な活動を行ったり、
友達と一緒に旅行に出かけたり、
皆で何か新しい事に挑戦したりと、
男性よりも積極的に活動するようになります。
女性にとって更年期は新しい人生の幕開けとも言えます。

 

男性の体内にもエストロゲンはあります。
テストステロンとエストロゲンは構造がよく似ており、
テストステロンからエストロゲンが合成されます。
テストステロンの一部が
芳香化酵素アロマテースによって
エストロゲンに変換されます。
芳香化酵素アロマテースは閉経になって
エストロゲンが分泌されなくなった女性でも、
副腎や脂肪で作られるテストステロンを
エストロゲンに変換する重要な役割を担っています。

 

エストロゲンの皮膚に対する作用

  • 皮膚含水量の増加
  • コラーゲンの合成の促進
  • エラスチンの合成の促進
  • ヒアルロン酸の合成の促進

 

エストロゲンの効果

  • 心臓病予防
  • 脳卒中予防
  • 黄斑変性症予防
  • 白内障予防
  • 骨粗鬆症予防
  • アルツハイマー型認知症予防
  • 記憶力低下予防
  • 鬱症状予防
  • 情緒不安定予防
  • 尿路感染症予防
  • 転倒予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ