舞茸炊き込みご飯の栄養・成分・効果・効能・MDフラクション

一日一食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

舞茸は強い抗癌作用がある

舞茸MDフラクション

舞茸は、日本原産のサルノコシカケ科マイタケ属の菌茸です。

 

主に東北地方の栗の木などの根元に生える茸で、
味も香りも歯ごたえも茸類でトップクラスとされています。

 

見つけた人が舞い上がって喜ぶので
「舞茸」と名づけられました。

 

江戸時代には殿様に献上すると同じ重さの
銀を褒美に貰えたほど希少価値がありました。

 

漢方の世界では、舞茸は血圧や血糖値を
正常化するのを助けるとして重宝され、
高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの
生活習慣病の予防にも有効とされていました。

 

以前は「幻の茸」と言われていましたが、
1975年頃から人工栽培ができるようになり、
今では一般に流通されています。

 

舞茸は、ヴィタミンB2、D2、ナイアシン、
マグネシウム、カリウム、カルシウム、食物繊維、
アミノ酸など栄養素が豊富に含まれています。

 

舞茸のヴィタミンB2の含有量は野菜類の約2倍です。
舞茸のヴィタミンB2の含有量は菌茸の中でもトップクラスです。
舞茸に多く含まれるヴィタミンB2やミネラルは、
爪、髪、皮膚などの老化を防ぐ効果があります。
ヴィタミンB2は、気力を充実させる効果もあります。

 

成人女性の約50%が体内でヴィタミンDが
不足していると言われています。
舞茸には、カルシウムの吸収を
助けるヴィタミンD2の含有量が多く、
骨や筋肉を丈夫にするので、
骨粗鬆症の予防に効果があります。
また、ヴィタミンD2は血中の
コレステロールを低減して血行を良くし、
動脈硬化などを予防する働きがあります。
さらに、ヴィタミンD2は癌細胞の増殖を抑え、
癌細胞への栄養を阻害して、
癌細胞を兵糧攻めにする働きが
ある事が分かっています。

 

舞茸には、ナイアシンが
野菜類の約9倍も含まれています。
ナイアシンは血圧を安定させ、
胃腸障害を解消する働きがあります。

 

舞茸の成分MXフラクションには
血中の悪玉コレステロールを減らし、
脂肪の吸収を抑制する効果がある事が
研究で明らかになっています。

 

舞茸の成分MDフラクションには
体の免疫機能を高める働きがあります。
MDフラクションは特に癌の発生、
増殖、転移を阻止する働きがあるとして
世界各国の癌治療において脚光を浴びています。

 

舞茸の食物繊維は、牛蒡の2倍も含まれています。
腸内細菌の働きが活発になるので、
食事で摂取した脂肪を取り込んで、
体内に吸収されるのを抑制します。
そして、血液中の悪玉コレステロールを
体外へ排泄するのを促します。

 

舞茸に含まれるβ-グルカンという多糖類には、
免疫細胞の働きを活性化させる効果があり、
別名「免疫賦活剤」とも言われています。
特にNK細胞の働きを10〜20%向上させる事が分かっています。

 

舞茸に含まれるチロシナーゼ阻害物質は、
皮膚にメラニン色素ができるのを防ぐので、
美白効果が期待できます。

 

舞茸は加熱する事で有効成分が
水分や油分の中に溶け出てきます。

 

舞茸は加熱してから
食べるのが基本ですが、
加熱し過ぎるとせっかくの
有効成分を壊してしまいます。
特に焦がしてしまうと肝心の
有効成分が働かなくなってしまいます。

 

舞茸の保存方法

生の舞茸を保存する場合は
冷蔵または冷凍で保存します。

 

舞茸の品種

  • 白系
  • 黒系
  • 茶系

 

舞茸の薬効

  • 美肌効果
  • 肥満予防
  • 癌予防
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化予防
  • 骨粗鬆症予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ