ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト『オーボエ協奏曲ピアノ伴奏』

アセンション2018年10月

Facebook&Twitterで共有×拡散!

モーツァルト式とは

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、オーストリア出身の作曲家、演奏家です。
古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人です。

 

6歳の頃から宮廷演奏家としてヨーロッパ中を回り、
移動の馬車の上で作曲し続けていました。
ピアノを使わずに頭の中だけで曲を作っていました。
後世に残る名曲も、この馬車の上で構想が練られたものがほとんどだと言われています。

 

わずか35年という短い生涯でしたが、
626曲以上もの名曲を生み出し、
それらの曲が今なお世界中の人々に愛されています。

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの多くの曲の中には、
非常に高い周波数の音が豊富に含まれています。
特にピアノ曲やヴァイオリン曲には、約3500Hz以上の高周波音を豊富に含んでいます。
高周波音を豊富に含んだヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの曲は、
人間の延髄から大脳にかけての神経系を効果的に刺激します。
高周波音は、免疫系、脳神経系、ホルモン系、血液循環系という、
人間の健康を支えている生体機能に大きな影響を及ぼしていきます。

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの音楽に含まれる3500〜4200Hzの高周波音は、
人間の延髄から視床下部にかけての部分を効果的に刺激して副交感神経を優位にします。

 

副交感神経が優位になると、
β-エンドルフィンやメラトニンといったホルモンの分泌が促されます。
これらのホルモンには心身をリラックスさせる作用があります。
さらに、アセチルコリンの分泌も高まり、血管が拡張して血行が改善されます。

 

交感神経が優位になり過ぎると、活性酸素が増加し、
免疫系疾患では、アトピー、癌、膠原病など、
脳神経系疾患ではアルツハイマー型痴呆症、耳鳴り、難聴、脳梗塞など、
血液循環系では、高血圧、心筋梗塞などが発症しやすくなります。

 

モーツアルトの音楽には、1/f揺らぎが多く含まれています。
1/f揺らぎとは適度な規則性と意外性がバランス良く調和した揺らぎの事で、
脳内にアルファ波を発生させ、大脳の働きを抑える事になり、
リラックス状態を作り出すと言われています。

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの音楽は、胎教に最適です。
母親の羊水を通過できるのは、
一部のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの音楽に含まれるような、
8000ヘルツ以上の高周波音だけです。
胎内の赤ちゃんは、5ヶ月を過ぎると母親の声を聴く事ができると言われています。
羊水の中では耳で音波を捉える事はできませんが、
羊水に届いた音の振動を耳骨でキャッチして、
骨導音として聴く事ができます。

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの音楽は、1回に30分聴けば充分です。
長時間、空腹のまま続けて聴くと、体液の分泌が促されるので、
胃酸過多になるなどの不快症状が出る事もあります。
延髄から間脳にかけての部分が刺激される事によって、
体内の体液の分泌能力が高まるからです。

 

朝と昼は、食前に聴くのが望ましいです。
音楽療法で副交感神経を刺激して、
消化機能を高めておいてから食べると、
消化が非常にスムーズになるからです。

 

夜の時間帯は、食前より就寝前に聴くのが望ましいです。
セロトニン、メラトニン系の睡眠物質の分泌が促され、
質の高い睡眠を得る事ができるようになるからです。

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの音楽がもたらす効果

  • 脳の働きを活性化する。
  • 体の緊張を和らげる。
  • 感覚を安定させる。

 

1791年、モーツァルトは35歳の若さでウィーンにてこの世を去りました。
モーツァルトの音楽は、この世を去って250年以上たった今でも世界中から愛されています。


スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

アセンション2018年10月