アクティブマヌカハニーUMF20+の栄養・成分・効果・効能・効用

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

マヌカハニーは虫歯予防の特効薬

マヌカハニー

マヌカハニーはヴィタミン、ミネラル、アミノ酸を
豊富に含む栄養価の高い食品です。

 

マヌカハニーは炎症を和らげる効果があり、
喉の調子が悪い時にマヌカハニーを摂取すると
喉の痛みを緩和する効果が期待できます。

 

マヌカハニーにはインフルエンザウイルスの
増殖を抑制する働きもあるようです。

 

マヌカハニーには高い抗ウイルス性効果があり、
ミュータンス菌の働きを抑制する作用があり、
歯垢や歯肉炎の口腔内疾患にも有効で、
オーラルケアにも役立つと考えられています。

 

マヌカハニーは、ピロリ菌や大腸菌の殺菌、
歯痛防止、免疫力向上など健康改善に
役立つという事で注目度急上昇中です。

 

マヌカハニーは、ピロリ菌、大腸菌、
腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌、
黄色ブドウ球菌などの殺菌に効果があり、
逆に乳酸菌などの善玉菌の働きを
活性化させると言われています。

 

しかし、すべてのマヌカハニーが
健康改善に役立つ訳ではありません。

 

マヌカハニーにはメチルグリオキサールという
抗菌成分が含まれているのですが
メチルグリオキサールの含有量は
マヌカハニーによって異なります。

 

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールの量は
0〜600mg/kgで、500mg以上が含まれる
マヌカハニーは全体の1%未満しかありません。

 

健康目的でマヌカハニーを摂取するのであれば
UMF基準ではUMF10+以上、
MGO基準ではMGO100+以上の
表示があるマヌカハニーを選ぶのがお勧めです。

 

各研究報告によるとUMF10+、MGO100+の
マヌカハニーはピロリ菌や大腸菌の殺菌、
歯痛防止、免疫力向上などに
効果的である事が分かっているからです。

 

UMFやMGOは数値が高いほど殺菌作用があり、
より殺菌力を発揮すると考えられています。

 

マヌカハニーの基本的な食べ方は1日3〜4回、
1回5〜15mlをそのまま摂取する事です。

 

マヌカハニーを食べる時間帯として理想的なのは
食事1時間前と就寝1時間前です。

 

マヌカハニーは空腹時に
摂取するのが最も効果的です。

 

ノバク・ジョコビッチ選手は自身の著書で、
毎朝必ずスプーン2杯のマヌカハニーを
摂取すると明かしています。

 

マヌカハニーの種類

  • MGO
  • UMF
  • TA
  • MGS

 

マヌカハニーの薬効

  • 虫歯予防
  • 口内炎予防
  • 歯周病予防
  • 整腸作用
  • 胃腸疾患改善
  • 風邪予防
  • インフルエンザ予防
  • 副鼻腔炎予防
  • 癌予防
  • 糖尿病予防
  • コレステロール値低下
  • 創傷改善
  • 切傷改善
  • 火傷改善
  • 炎症改善

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

蜜類wiki

飲料wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ