北芝健先生『見た目年齢が20歳若返る美肌の作り方』

アセンション症状2017

Facebook&Twitterで共有×拡散!

北芝式とは

北芝健

北芝健先生は、東京都葛飾区出身の元警視庁刑事で、
作家、空手家、警察官、犯罪学者、漫画原作者で、
大学院でインテリジェンスの講座を担当しながら、
犯罪学・国際関係論を複数校で教えています。
かたわら講演、執筆、TV出演などの活動もしています。

 

北芝健先生の祖父も父も母も医者だったので、
自宅には山のように医学書があったそうです。

 

医学書を読み漁っていくうちに、
体に良い食品は色の濃いものと
常温のものだという事に気付いたそうです。

 

北芝健先生はプロポリス入りの
歯磨き粉を使っているそうです。

 

朝、歯磨きをして老化の
原因物質になる口中細菌を一掃し、
体内の活性酸素を追い出すために
水素豊富水またはアルカリイオン水を飲みます。
内臓を若々しく保つためには
冷たい水より常温がベストなんだそうです。

 

朝食前には特製ジュースを飲みます。
青汁をベースにして、どくだみ、
ガジュツ、黒胡麻、黒豆きな粉、
ビール酵母、免疫ミルク、
スコットランド産蜂蜜をコップに入れ、
有害ミネラルを摂取しないように
竹のスプーンでかき混ぜて飲むという徹底ぶり。

 

良質な水とジュースで体内の抗酸化力を高める訳です。
そうすれば朝食は和洋どちらでも可能ですし、
多少ジャンクフードを食べても問題ありません。
さらに色素の濃い赤葡萄ジュースを毎日飲めば、
心身共に若さをキープできるそうです。

 

朝食後はサプリメントタイムです。
マルチヴィタミン&ミネラル、CQ10、コラーゲン、
ヒアルロン酸、コンドロイチンなどを摂取します。

 

毎朝、欠かさずマルチヴィタミンと
マルチミネラルのサプリメントを摂取し、
朝夕に沖縄の黒糖入りもろみしぼり酢を飲み、
ニンニクを常食。
胡麻があれば掌に一山分を食べ、
なければサプリメントのセサミンEプラスを摂取。
細胞を傷つけないようにするために塩分や刺激物は避け、
熱いものや冷たいものも避けてドリンクは
すべてぬるま湯の温度で摂っています。

 

肌は表の臓器です。
美肌を作るためには
肌に何かを塗るのではなく
内臓を健康的な状態にする事です。
ラクトフェリンとクロロフィルを飲むだけで
肌は劇的に変化し始めます。

 

人間の体の約60%は水です。
その体を構成する水の質には
もっとこだわるべきだと思います。
自分が好きな水の成分に関して
きちんと把握している人は少ないです。

 

北芝健先生が美肌のために愛飲しているのは
鹿児島垂水温泉の温泉水99です。
水は「硬水」と「軟水」に大別されます。
日本の水のほとんどは硬度20〜100の軟水ですが
温泉水99は硬度2以下という凄い軟水です。
しかも水の分子が非常に小さいので酸化しにくいです。
温泉水99は非常に飲みやすくて
体調も良くなりますし、
美肌作りにも役立ちます。

 

もう一つが日田天領水です。
日田天領水は大分県日田市中ノ島町の
深い地層の下から汲み上げられる深井戸水で
衛生的にボトリングしたミネラルウォーターです。
体を酸化させない活性水素水と言われています。

 

北芝健先生は外出する時には
「温泉水99」や「日田天領水」を
ペットボトルで必ず持つようにしているそうです。

 

肌の老化は活性酸素による細胞の酸化、
表皮の劣化による皮膚の乾燥、
紫外線による光老化、
加齢によるコラーゲン組織の退化や
表皮組織の劣化などで起こります。
特に活性酸素による細胞の劣化は
肌を老化させる最大の要因です。

 

美肌を作る上で大切な事は
体に良くて胃腸に優しい食べ物を
最低限摂取する事が9割です。
体の外から美肌を作るのは
保湿などの1割程度に過ぎません。
肌に塗るのはそんなに多くありません。

 

北芝健先生が長年
愛用している保湿ローションは
ハーティラブの七福豆柔軟水です。
七福豆柔軟水を一度つけると
長時間の保湿能力があります。

 

睡眠時間は当然個人差はありますが、
絶対に7時間以上は必要だと思っています。

 

北芝健先生は、サプリメント代に
月12〜15万円投資している健康マニアです。
2007年、大学病院の専門医による診断で
生理年齢30歳、肌年齢28歳との結果を受けています。
仕事上の必要から年齢は公表されていませんが、
実年齢を知る人には
「なぜそんなに若いんだ!?」
と驚愕され、医師からも
「30代の若さを維持している」
と認められています。

 

北芝健先生は毎日かなりの分量の
サプリメントを飲まれています。
用途によってサプリメントを効率的に
生活の中に取り入れておられます。
朝、昼、夜と色々なサプリメントを
飲み分けておられます。
ひょっとしたらお茶碗一杯分の
サプリメントを飲んでいるかもしれません。

 

北芝健先生は毎日大量の
サプリメントを摂取していますが
一番重要視しているのは
抗酸化作用のあるサプリメントです。

 

抗酸化作用のあるサプリメントは
美肌を作る上で本当の必需品です。

 

肌や粘膜の再生を助ける
ヴィタミンB1、ビオチン、亜鉛。
抗酸化作用のあるヴィタミンC、E、
レスベラトロール、アスタキサンチン。
あとは、ラクトフェリン、コエンザイムQ10。

 

北芝健先生はシナモン入りコーヒーを
毎日愛飲しておられるそうです。
シナモンは皮膚の毛細血管の
減少を抑制する効果があります。
シナモンは歴史のある漢方の桂皮なので安全です。
シナモンは天然のサプリメントと位置付ける事ができます。

 

北芝健先生の美肌を支えているのは
抗糖花というサプリメントです。
抗糖花には数種類のハーブと
桜の花びらのエキスが入っており、
肌の真皮の働きを高めてくれます。

 

北芝健先生は外出する時、
マルチヴィタミンとミネラルは
バッグの中に必ず入れているそうです。

 

北芝健先生は毎週土曜日には
空手道場の師範として
多種多様な職業世界の
男女たちと汗を流しています。
全身の血行を良くする適度な運動は
美肌作りに欠かせない要素になります。

 

北芝健先生はお風呂から上がったら
急いで靴下を履くそうです。
こうする事で体に取り入れた熱を
逃がしにくい体にする事ができます。
体温を上げるためには心臓から
遠い場所を冷やさない事です。

 

北芝健先生はこれまでに合計5回、
伊豆高原にある石原結實先生の
断食保養施設に行ったそうです。
その結果、10kg以上減量する事ができたそうです。
断食明けに美肌になっている事にも驚いたそうです。
内臓を休ませる事によって皮膚機能が回復したのです。
内臓休暇が美肌を作るのです。

 

本格的な断食は時間的にも
精神的にも相当な覚悟が必要です。
そこでお勧めなのが週に1日だけのプチ断食です。
内臓を休息させると
驚くほど熟睡できます。
週1のプチ断食の翌朝は
驚くほど美肌になります。
食事の量を半分にすれば
肌は確実に美しくなります。

 

逆説的ですが長寿の秘訣は美肌になる事です。
美肌になれば内臓からエネルギッシュで
100歳まで生きられると信じていいと思います。

 

北芝健先生が常に心掛けている五つの事柄

  1. 細胞を傷つけない。
  2. 消化管を痛めるものを避ける。
  3. ストレスのかかる状況をできるだけ遠ざける。
  4. 体の中の毒素を除去する。
  5. 体を動かし筋力を維持する。

 

肌を老化させる4大原因

  • 酸化
  • 乾燥
  • 光老化
  • 菲薄化

 

北芝健先生が実践している健康法

  • 起床直後に歯を磨く。
  • 毎日、良質の水を1.5リットル飲む。
  • もろみしぼり酢を飲む。
  • 毎日、納豆を4パック食べる。
  • 毎日、胡麻を1,000粒食べる。
  • 靴下を履いて寝る。
  • 定期的にプチ断食をする。

 

北芝健先生愛用のサプリメント15品目

  1. マルチビタミン&ミネラル コエンザイムQ10
  2. アクティオ ビタミンB群
  3. アクティオ ビタミンC
  4. 北の国から届いたブルーベリー
  5. ルテイン
  6. セサミンEプラス
  7. ワカゲン錠
  8. プロポリス顆粒 A.P.C
  9. パワーサチヴァミンU ファイン
  10. DHA&いちょう葉 泉
  11. にっこりステロール
  12. 龍心EX
  13. 生肝油
  14. フォーエバー・ビーポーレン
  15. ローヤルゼリー CoQ10

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ