マカダミアナッツの栄養・効果

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

マカダミアナッツは心臓の健康食

マカダミアナッツ

マカダミアナッツはオーストラリア原産の
ヤマモガシ科マカダミア属の常緑樹の堅果です。

 

6000年ほど前から亜熱帯雨林に自生しており、
オーストラリアの先住民アボリジニーによって発見され、
古くから血栓予防や不整脈の
民間薬としても利用されていました。

 

19世紀末にはハワイに大量の苗木が導入され、
マカダミアナッツの一大産地として発展しました。
今ではハワイ旅行のお土産として、
マカダミアナッツチョコレートは
超定番になっています。

 

現在では、オーストラリア、南アメリカ、
ケニア、アメリカなどで生産されています。

 

マカダミアナッツは頑丈な殻で包まれており、
ハンマーなどを使っても簡単には割れません。
1950年代、効率よく殻を割る機械が導入され、
それ以降、本格的な商業化が始まりました。

 

マカダミアナッツは重量の
約75%を脂質が占めており、
クリーミーな食感が魅力的です。

 

マカデミアナッツは、糖質、脂質、蛋白質の三大栄養素に加え、
各種ヴィタミン、ミネラル、抗酸化物質、食物繊維がバランスよく含まれています。

 

マカダミアナッツにはヴィタミンB1が豊富に含まれています。
ヴィタミンB1は肌が荒れるのを防ぐ働きがあります。
また、ヴィタミンB1は糖質を分解し、
エネルギーに変えるのを助ける栄養素なので、
疲労回復効果が期待できます。
日本人は穀物を主食にしているので、
ヴィタミンB1を意識的に摂取する事が重要です。

 

マカダミアナッツは、オレイン酸、パルミトレイン酸などの
一価不飽和脂肪酸を含んでいます。
マカダミアナッツに含まれる脂質の大部分はオレイン酸です。
このオレイン酸は血中の悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。

 

パルミトレイン酸は植物の中では唯一
マカダミアナッツにだけに含まれている成分です。
脳は限られた栄養素しか通しませんが、
パルミトレイン酸は脳血管の奥に入り込めるので、
脳血管の再生・修復機能を高める働きがあり、
脳血管を丈夫にして脳卒中を防ぐ効果があります。

 

パルミトレイン酸は人間の皮膚に
含まれている成分によく似ていますが、
この成分は乳幼児の皮脂に多く、
加齢による皮脂減少と共に少なくなります。
マカダミアナッツを摂取してパルミトレイン酸を
補う事は美肌作りに非常に有効です。

 

パルミトレイン酸は糖尿病との
関連性が話題になっています。
血漿のパルミトレイン酸の濃度が高いと、
インスリンが活発に働く事が分かっています。
パルミトレイン酸が肝臓での脂質代謝を促し、
さらに膵臓の機能を向上させる事が
要因だと考えられます。

 

マカダミアナッツから搾取したオイルは
肌への浸透性が優れているため、
マッサージオイルや
スキンケアオイルとしても利用されています。

 

マカダミアナッツオイルは糖質0なのに甘みがあります。
バターの代わりにパンに塗るのがお勧めです。
アイスクリームにかけるのもお勧めです。

 

マカダミアナッツを利用した料理のレシピは
オーストラリア・マカダミア協会のサイトでも
沢山紹介されています。

 

マカダミアバターの作り方

フードプロセッサーでペースト状にすると
ヘルシーな植物性バターになります。

 

マカダミアミルクの作り方

水、マカダミアナッツ、デーツ、
バニラエッセンスをミキサーにかければ
マカダミアミルクとして楽しめます。

 

マカダミアナッツの品種

  • 光殻種
  • 粗殻種
  • 在来種

 

マカダミアナッツの薬効

  • 美肌効果
  • 痩身効果
  • 血管強化作用
  • 糖尿病予防
  • 脳卒中予防
  • コレステロール降下作用

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ