ピーナッツの栄養・薄皮・効果・効能・落花生

アセンション2018

Facebook&Twitterで共有×拡散!

ピーナッツで血管が強くなる

ピーナッツwiki

ピーナッツは、南アメリカのアンデス地方原産のマメ科ラッカセイ属の一年草の堅果です。

 

古代ペルーの遺跡から、種の化石や落花生の形をした壷が発見されている事から、
紀元前1000年頃には人類によって栽培が始まっていたとされています。
時は流れ、大航海時代になるとクリストファー・コロンブスらの手によって世界中に広まります。
日本へは1706年に中国より伝播したので「南京豆」と言われます。
花が咲いた後、土中に子房の柄が伸びて地中に入り結実するので「落花生」とも言われます。

 

ピーナッツには、良質な蛋白質、動脈硬化を予防する不飽和脂肪酸、
ヴィタミンB群・E、アルツハイマー病を防ぐとされるレシチンなどが豊富に含まれています。

 

ピーナッツには、他のナッツに比べてナイアシンが一番多く含まれています。
肝臓でアルコールを分解するのにナイアシンが必要です。
ナイアシンは二日酔いの原因物質アセトアルデヒドも分解します。

 

ピーナッツには、レスベラトロールが含まれています。
レスベラトロールは、茶色い薄皮に含まれていると言われていますが、
実の部分にも含まれている事が最近分かってきました。

 

ピーナッツは腹持ちが良い上に糖質が少ないので、
血糖値の上昇を最小限に抑える事ができます。

 

ピーナッツは糖尿病の合併症予防にも効果が期待できます。
ピーナッツはオレイン酸を多く含んでいます。
糖尿病の合併症には、細小血管合併症と大血管合併症があります。
細小血管合併症は、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害です。
細小血管合併症は血糖値を抑えればコントロールできます。
問題は動脈硬化などに由来する大血管合併症です。
大血管合併症は血糖値を抑えるだけでは防げませんが、
オレイン酸は動脈硬化を予防する効果があります。

 

食物繊維の含有量も多いので、脂肪や糖の吸収を妨げ、
高脂血症や糖尿病の予防・改善に役立ちます。

 

皮をつけたまま食べると、下痢を止めたり、出血を防ぐ効果もあります。
古くなると、肝癌の一因となるアフラトキシンが発生するので、
できるだけ早めに食べる事です。

 

ピーナッツの品種

  • 千葉半立
  • 中手豊
  • 郷の香

 

ピーナッツの効果

  • 癌予防
  • 老化予防
  • 下痢改善
  • 強壮・強精

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

アセンション2018