パプリカの栄養・効果

一日一食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

パプリカはヴィタミンの宝庫

パプリカ

パプリカは、南アメリカ原産のナス科の多年草の果菜です。

 

大航海時代の15世紀にコロンブスが南アメリカで発見した唐辛子を持ち帰り、
18世紀にハンガリーに持ち込まれ、品種改良を重ね、パプリカが誕生しました。

 

生理学者のセント=ジェルジ・アルベルトは、
パプリカからヴィタミンCを発見し、
1937年にノーベル生理学医学賞を受賞しています

 

主な産地は、ハンガリー、スペイン、アメリカなどです。
日本での主な産地は、熊本県、茨城県、長野県などです。

 

日本へは1993年にオランダから初めて輸入され、
今では、90%が韓国とオランダから輸入されています。
日本で消費されるパプリカの約九割は外国産です。

 

パプリカは韓国国内ではほとんど消費されません。
韓国では、パプリカは主に日本への輸出用として栽培されています。

 

韓国品の輸出先の9割以上が日本です。
ほぼ毎日、日本の食卓では韓国産パプリカを使った料理が並べられています。

 

赤、黄、オレンジなどがあり、
料理の色彩としても用いられます。
サラダ、マリネ、ソテー、蒸し焼きなど、
地中海沿岸地域の様々な料理に幅広く使われています。
ハンガリーのシチュー料理グヤーシュには欠かせません。

 

パプリカは、β-カロテン、ヴィタミンC、Eが群を抜いて多く、
美容と健康に様々な薬理効果がある野菜と言えます。

 

ヴィタミンCは熱で壊れやすいのですが、
パプリカは厚い果肉に守られているため、
加熱により損失はほとんどありません。

 

生のままでも甘味がありますが、
加熱するとさらに甘味が増します。

 

肉厚で熱に強いので、
パエリアや煮込み料理にも最適です。

 

値段は少し高めですが、
ピーマンより日持ちするので、
買い置きするのに最適です。

 

ピーマン嫌いのお子様には、
パプリカから始めてみるのもよいでしょう。

 

パプリカの保存方法

野菜用のポリ袋に入れ、
冷蔵庫の野菜室に保存します。

 

パプリカの品種

  • ハンガリー種
  • スペイン種

 

パプリカの薬効

  • 美肌効果
  • 癌予防
  • 動脈硬化予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ