小麦抜きグルテンフリーダイエット方法の効果

不食方法

Facebook&Twitterで共有×拡散!

小麦断ち健康法

小麦

小麦は、イネ科コムギ属に属する一年草の植物です。
世界三大穀物の一つで、古くから栽培され、
世界で最も生産量の多い穀物の一つです。

 

日本は小麦の全消費量の85%を輸入に頼り、
しかもその6割をアメリカが占めているそうです。

 

私たちは遺伝子操作で破壊された小麦を食べています。
アメリカでは2億人が毎日、何らかの小麦食品を食べ、
結果として1億人以上が肥満、高血圧、
糖尿病、脂質異常症、心臓疾患、内臓疾患、
脳疾患、皮膚疾患などで苦しんでいます。

 

今流通している小麦のほとんどが、
60年代にロックフェラー財団系の研究所で、
遺伝子組み換えによって形質転換された新種の小麦なのです。

 

人類が1万年前から食べ続けている小麦が
なぜこんなにも凶悪化したかというと、
過去50年、農家や植物遺伝子学者達が
飢餓救済という大義名分のもと、
人体への悪影響を一切考慮せずに丈夫で大量に
生産できる小麦を作るために何万回も品種改良、
人工交配し続け膨大な数の遺伝子が変更されたためです。
安全性テストを一度もしなかった理由は、
小麦同士でいくらかけあわせても小麦なのだから
人体に影響があるはずがないという理論です。
品種改良を繰り返され、遺伝子操作を受けた小麦は、
紀元前にあった小麦とは全く違う食べ物に変わっています。
小麦は、人間の脳、心臓、腸、皮膚まで
全身に悪影響を与えるようです。

 

小麦・大麦・ライ麦にはグルテンという
蛋白質の一種が含まれています。

 

グルテンは、ラーメン、パスタ、うどん、パン、
ケーキ、クッキーなどに含まれています。

 

グルテンは、大麦、ライ麦、スペルト小麦にも
含まれていますが最も多く含まれているのが小麦です。

 

小麦粉はグルテンの含有量によって
薄力粉、中力粉、強力粉に分類されています。
最も多くグルテンを含んでいるのは強力粉で、
11.5%以上のグルテンが含まれています。

 

グルテンは約190もの病気との
関連性があるとの研究結果があり、
喘息やアトピーなどとも関係が
ある事が分かっています。

 

グルテンを摂ると脳は快感を覚え、
精神状態がハイになり、
食欲を司る中枢を刺激します。
グルテンの成分の一つである
グリアジンは依存性が非常に強く、
1日約400kcal分も余計に食べてしまうほど、
食欲を増進させる働きがあると言われています。

 

小麦製品に含まれるアミロペクチンAという澱粉質は、
普通の澱粉より血糖値を上昇させる働きが強く、
インスリンの分泌を急激に増やします。
インスリンの分泌が急激に増えると、
太りやすくなったり、糖化が促進されて肌が老化したり、
皮脂腺を刺激してにきびができやすくなったりします。
大麦とライ麦にはアミロペクチンAは含まれていません。

 

インスリンは皮脂腺を刺激するホルモンでもあるため、
皮脂が過剰に分泌されて、ニキビ、吹き出物、
肌荒れなどを引き起こしてしまいます。

 

インスリンが大量に分泌されると
今度は血糖値が急激に下がり、
血糖値の異常低下を感知した体は
アドレナリンやコルチゾールを分泌して
血糖値を上げようとするのですが
アドレナリンやコルチゾールは皮膚や
粘膜の修復を妨げると言われています。

 

アドレナリンは全身を興奮させるホルモンで、
コルチゾールは免疫機能の低下をもたらすホルモンです。

 

グルテンが胃で分解されて
血液に送り込まれる時に
エクソルフィンという物質ができます。

 

エクソルフィンが脳に送られると、
脳のオピオイド受容体に結び付いて
幸せな気分を作り出してくれます。

 

小麦製品が食べたくて仕方がないのは、
脳がエクソルフィンに冒されているからです。

 

エクソルフィンは多幸感や常用癖を発生させ、
食欲を増進させる作用があります。

 

小麦は高血糖とインスリン反応による
満腹感と空腹感のサイクルを誘発し、
多幸感と禁断症状が繰り返され、
脳の活動因子エクソルフィンが作られ、
神経機能が麻痺して中毒作用がもたらされ、
内臓脂肪の蓄積を引き起こします。

 

過剰な高血糖と血中インスリン濃度上昇の
サイクルが何度も繰り返されると、
肝臓、腎臓、膵臓、大腸、小腸にまで
内臓脂肪が蓄積する事になります。

 

小麦を食べないようにすれば、
連鎖反応ですべての問題が解決します。
血糖値の上昇が抑えられ、
食欲を促すエクソルフィンは作られず、
食欲を増進させるブドウ糖と
インスリンのサイクルは発動しません。

 

ブドウ糖とインスリンのサイクルが発動しなければ、
生命維持に必要な生理的欲求以外に
食欲を増進させる要素はなくなります。

 

食欲が減少すれば、
少ない食事量でも
満足できるようになり、
内臓脂肪が減り、
インスリン抵抗性が改善され、
血糖値が下がります。
炎症、糖化、高血圧、糖尿病、sdLDL、トリグリセリドなど、
ブドウ糖代謝不全に関連するすべての症状が改善します。

 

小麦抜き食生活を始めると、
生理学的に適切な体重に戻るようになります。
特に初期の体重減少は驚くほど早く、
断食による減量と変わらないほどの場合もあります。

 

グルテンの中に含まれるグリアジンという主要成分に
過敏に反応する症状をグルテン過敏症と言います。

 

現在、グルテン過敏症には有効な治療法や
効果を発揮する医薬品はありません。
グルテンフリーという選択肢しかないのです。

 

グルテンフリーダイエットを実践すると自然に
食欲が抑制できるようになり努力する事なく
適正体重の維持が極めて容易になります。

 

グルテンフリーダイエットを1週間実践すると
それまで好きだったパスタ、パン、ピザ、ラーメン、
うどんなどの小麦メニューが食べたくなくなります。

 

これはグルテンに含まれる蛋白質成分の
グリアジンの摂取量が少なくなるからです。
グリアジンには食欲を増進させたり、
血糖値を急上昇させる作用があり、
一度食べ出したら止まらない状況を
作り出してしまいます。

 

グルテンフリーダイエットを2〜3週間続けていると
肌の調子が良くなるのを実感するようになったり、
疲れにくくなったり、風邪を引かなくなったりします。
精神面でも集中力の高まりを感じるようになります。
鬱な気分から前向きになり、
普段から平常心で過ごせるようになり、
心身にエネルギーが満ちている感覚になります。

 

日本には欧米のような「グルテンフリー」という表記がなく、
どの食品にグルテンが使用されているかは分かりません。

 

必然的にグルテンが含まれている加工食品は避け、
生鮮品を中心とした果物、野菜、魚、肉などを
積極的に摂取すればグルテンを避ける事ができます。

 

グルテンフリーダイエットはローフードを
実践する事で比較的容易になるようです。

 

日本では、まだそれほど浸透していませんが、
欧米では数年前から
「グルテンフリー」
と書かれた食品パッケージや、
レストランを見かける事が多くなってきました。

 

アメリカのスターバックスカフェでは
通常の商品と同様に
グルテンフリークッキーが扱われています。

 

現在、欧米ではグルテンフリーマーケットは、
右肩上がりに増加傾向にあり、
オーガニックマーケットを凌ぐ勢いで急成長しています。

 

欧米ではグルテンフリーは外食産業にとって
無視できない存在になっているのです。

 

最近は
『ジョコビッチの生まれ変わる食事』
のベストセラー化によって
グルテンフリーが日本でも
浸透してきた感があります。

 

ノバク・ジョコビッチ選手は
グルテンフリーダイエットによって
体が引き締まって動きが格段に良くなり、
体重が3ヶ月で5kg減ったそうです。

 

現在、アメリカ穀物協会では
小麦に最も近いグルテンフリー穀物として、
ソルガムきびが注目を集めているようです。

 

小麦が人体に引き起こす奇妙な事態

  • グルテン過敏症
  • リーキーガット症候群
  • セリアック病
  • 不眠症
  • 肥満
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 関節炎
  • 脳疾患
  • 皮膚疾患
  • 心臓疾患
  • 内臓疾患
  • 消化器疾患
  • 過敏性腸症候群
  • 生理痛
  • 不妊症
  • 月経前症候群
  • 認知症
  • アルツハイマー病
  • 統合失調症
  • 注意欠陥多動性障害
  • 自閉症
  • 女性化乳房症

 

グルテンが含まれる穀物

  • 小麦
  • 大麦
  • ライ麦
  • ライ小麦
  • セモリナ粉

 

グルテンフリー対応穀物

  • キヌア
  • アマランサス
  • オーツ麦
  • 十割蕎麦
  • 大豆
  • 玉蜀黍
  • アロールート
  • タピオカ
  • ソルガムきび
  • チアシード
  • テフ
  • ミレット
  • ワイルドライス

 

グルテンフリーダイエットを取り入れるメリット

  • 肌が綺麗になる。
  • 食欲のコントロールができる。
  • 体重が自然に落ちる。
  • 精神状態が安定する。
  • カルシウムの吸収率が高くなる。
  • 骨密度が高くなる。
  • 免疫力が向上する。
  • 中性脂肪を下げる。
  • 大腸癌を予防できる。

 

グルテンフリーダイエットを実践している著名人

  • マイリー・サイラス
  • ミランダ・カー
  • ジュリア・ロバーツ
  • アン・ハサウェイ
  • ジェシカ・アルバ
  • グウィネス・パルトロウ
  • ノヴァク・ジョコヴィッチ
  • ビル・クリントン元大統領
  • ローラ
  • 井岡一翔
  • 斎藤佑樹
  • 貴水博之
  • 稲島司

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ