マンゴスチンの栄養・成分・効果・効能・抗糖化作用

次元上昇アセンション2018

Facebook&Twitterで共有×拡散!

マンゴスチンは糖化を防ぐ

マンゴスチン抗糖化作用

マンゴスチンは、東南アジア原産のオトギリソウ科フクギ属の常緑高木の果実です。

 

マンゴスチンは「果物の女王」と称されるトロピカルフルーツで、
マンゴーやチェリモヤと共に世界三大美果としても知られています。

 

古くからマレー半島を中心とした東南アジアで栽培されてきました。
今は、フィリピン、ハワイ、カリブ諸島などで栽培されています。
日本の環境はマンゴスチンの栽培に適さないので、
生も冷凍もほとんどが輸入物です。

 

マンゴスチンは雌だけで繁殖します。
つまり、花粉が作られず受精もする事がありません。
マンゴスチンは世界中のほとんど全てが同一品種であるようです。

 

マンゴスチンの果皮は濃い紫色で、
果肉は乳白色で、4〜8個に分かれて集まっています。

 

マンゴスチンは多汁質で香りも高く、
甘味と酸味が絶妙なバランスで共存しており、
食べると口いっぱいに清涼感が広がります。

 

マンゴスチンには、ヴィタミンB1、B2、パントテン酸、カリウムなどが含まれています。

 

果実の外皮は粉末にして下痢、赤痢、皮膚病に使われます。

 

最近、マンゴスチンの外皮に含まれるポリフェノールの一種のキサントンに、
癌抑制効果がある事が発表されました。
タイ国立病院では、マンゴスチンの果皮成分で作られた石鹸が売られているそうです。

 

マンゴスチンは乾燥を苦手とするので、
少し湿らせた新聞紙などに包んで冷蔵庫に保存しましょう。
常温ではあまり日持ちしません。
購入後、5日以内に食べるのが望ましいです。

 

マンゴスチンの効果

  • 抗酸化
  • 抗糖化
  • 高血圧予防
  • コレステロール降下作用

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ