ズッキーニの栄養・効果

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

ズッキーニはフランス料理の定番

ズッキーニ

ズッキーニは中南米原産の
ウリ科カボチャ属の
一年生の果実です。

 

ズッキーニの栽培が始まったのは、
ヨーロッパに伝わった16世紀頃からだと言われています。

 

細長い形状のズッキーニは
19世紀後半のイタリアで改良されたものです。

 

ズッキーニが日本に渡来したのは
1970年代半ばです。

 

宮崎県、長野県をはじめ
各地で栽培されています。
初夏から夏の間中、出回ります。

 

ズッキーニの外観は胡瓜に似ていますが、
ペポかぼちゃという南瓜の仲間です。
主に緑果種と黄果種があります。

 

完熟した実を食べる南瓜と違って、
ズッキーニは未熟な実を食べます。

 

食感は茄子に似ており、
味は淡白でほのかな甘味があります。

 

日本では馴染みが薄いズッキーニですが、
地中海沿岸のイタリアや南フランスなどでは
一般的な食材として使われています。

 

南フランス料理のラタトゥイユや
イタリア料理のカポナータには
欠かせない食材です。

 

ズッキーニはオリーヴ油との相性が抜群で、
油炒め、スープ、煮ものなどに使われます。
ズッキーニの若い花も食用にされます。

 

ズッキーニはカロリーが低くて水分が多い野菜です。
β-カロテン、ヴィタミンC、K、葉酸、カリウム、
モリブデン、食物繊維などを含みます。

 

ズッキーニに含まれているβ-カロテンは、
油で炒める事で吸収率が上がります。

 

ズッキーニはヴィタミンCを含んでいます。
ヴィタミンCは美肌効果や
免疫力向上効果があります。

 

ズッキーニはカリウムを多く含んでいます。
カリウムはナトリウムを排泄する働きがあり、
高血圧予防の効果が期待できます。

 

ズッキーニは葉酸を適度に含んでいます。
葉酸を貧血の予防・改善に効果があります。

 

ズッキーニの保存方法

低温や乾燥に弱いので、
新聞紙で包んで
野菜用のポリ袋に入れ、
冷蔵庫の野菜室に保存します。
3〜4日を目安に使い切りましょう。

 

ズッキーニの品種

  • グリーントスカ
  • オーラム
  • ゴールディー
  • アラジン

 

ズッキーニの薬効

  • 美肌効果
  • 痩身効果
  • 整腸作用
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

蜜類wiki

飲料wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ