アロニアの栄養・効果

一日一食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

アロニアは奇跡の脂肪燃焼系果実

アロニア

アロニアは、北アメリカ東部原産のバラ科の落葉低木の果実です。

 

果実の色から、赤、紫、黒の3種類に分類されます。

 

アロニアの主要産地は、北米、ヨーロッパ、ロシアなどの寒冷地域です。
東欧諸国では「メディカルフルーツ」「高機能ベリー」と呼ばれています。

 

日本では1976年にロシアから種子が導入されました。
現在は、北海道、岩手県、新潟県、長野県などで栽培されています。

 

通常、アロニアの収穫時期は、
9月中旬から10月中旬までです。

 

体幹性もあって丈夫なので、
日当たりと水捌けの良い場所であれば、
家庭でも栽培する事ができます。

 

アロニアは果皮が硬く、
酸味や渋味や苦味が強いため、
生食に適さず生鮮果実での流通がありません。

 

そのため、サプリメント、ジャム、ジュース、ソース、ワインなど、
加工食品として市場に流通しています。

 

アロニアには、β-カロテン、ヴィタミンB1、B2、C、E、葉酸、アントシアニン、
ケルセチン、β-クリプトキサンチン、食物繊維などが豊富に含まれています。

 

アロニアはポリフェノールが豊富で、
その含有量はブルーベリーの2倍以上です。
ポリフェノールの中でもアントシアニンが非常に多く含まれています。

 

アントシアニンは抗酸化力が非常に強く、
目の網膜色素体ロドプシンの再合成を助ける働きがあり、
視力を回復したり眼精疲労を改善する効果が期待できます。
長時間PCやSPをお使いの方にはお勧めです。

 

アロニアはカロテノイドが豊富で、
その含有量は南瓜に劣りません。
カロテノイドの一種のルチンも多く含まれています。

 

アロニアはβ-カロテンが豊富で、
その含有量はトマトの約1.4倍です。
β-カロテンは体内でヴィタミンAに変換され、
目の網膜、口や鼻の粘膜、髪、肌、爪などの健康を保ちます。

 

アロニアにはβ-クリプトキサンチンが多く含まれています。
β-クリプトキサンチンは発癌抑制物質の一つと言われています。

 

アントシアニンは食物繊維が豊富で、
その含有量はバナナの約6倍です。
食物繊維は腸の働きを整えて、
健康と美肌へと導いてくれます。

 

アロニアに含まれるカロテノイドには脂肪の代謝を促進する働きがあり、
ダイエット業界では燃焼系果実として話題になっています。

 

アロニアの品種

  • チョキベル
  • チョキプル
  • バイキング
  • アルブティフォーリア

 

アロニアの薬効

  • 脂肪燃焼効果
  • 整腸作用
  • 眼精疲労改善
  • 癌予防
  • 高血圧予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ