アサイーの栄養・効果

空白の法則

Facebook&Twitterで共有×拡散!

アサイーは奇跡の果実

アサイー

アサイーは、ブラジル北部のアマゾン川流域原産のヤシ目ヤシ科エウテルペ属の果実です。

 

アサイーはブラジルでは300年以上も食されてきた歴史があります。
アマゾンでは古くから家庭の万能薬として用いられてきました。
アマゾンの先住民族の戦士たちは闘いの前には必ずアサイーを食べていたそうです。
アサイーは、赤道直下の強い紫外線と強烈な雨が降り注ぐ過酷な環境の中でも育つので、
強い生命力があり、果物や野菜の中で最も抗酸化力が高いとされています。

 

今ではアメリカの大リーグでも
アサイージュースを公式飲料として
採用するチームがあるなど、
トップアスリートたちの間でも高く評価されています。

 

世界的に有名なニコラス・ペリコーン博士は、
アサイーを「老化を防ぐスーパー食品」と命名しています。

 

生アサイーは日持ちしないため、
収穫後すぐに冷凍されます。
そのままアサイーピューレとして販売されたり、
飲食店で解凍してアサイースムージーや
アサイージュースとして提供されたりします。

 

フルーツやグラノーラと組み合わせたアサイーボウルは、
ハワイのセレブリティたちの間で
朝食の定番メニューとして浸透しています。
今ではアサイーボウル目当ての観光客も
増えているという注目のハワイアンデザートです。

 

ニューヨークではアサイーボウルよりも
アサイースムージーの方が人気です。
外出前は紫外線対策として、
アサイースムージーを飲むのが流行っています。

 

活性酸素の吸収能力をORAC値と言います。
ORACは、Oxygen Radical Absorbance Capacityの略です。
この数値が高いほど、抗酸化力が優れているという事になります。
アサイーは植物性食品の中で最もORAC値が高い食品として認識されています。

 

アサイーは、脂質、ヴィタミンB、C、E、有機酸類、リノール酸、オイレン酸、
鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維を豊富に含んでいます。

 

アサイーに含まれる脂肪酸の組成比率は、
60%がオレイン酸、12%がリノール酸です。
この比率はオリーヴオイルに近い割合であると言われています。
一価不飽和脂肪酸であり必須脂肪酸であるオレイン酸は、
LDL悪玉コレステロール値を下げる効果があります。

 

アサイーの蛋白質の特徴は、
アミノ酸組成の良さです。
アサイーのアミノ酸組成は、
食品の中でも最も高いアミノ酸スコアの卵と類似しています。

 

アサイーはアミノ酸が豊富で、
その含有量は醸造酢の38倍です。
アミノ酸は筋肉の適正な収縮を助けたり、
筋肉の再生を促したり、
筋肉を強化して筋力を向上させる役割を担っています。

 

アサイーはヴィタミンB1が豊富で、
その含有量は胡麻の13倍です。
ヴィタミンB1は糖質からエネルギーを産生したり、
皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

 

アサイーはヴィタミンCが豊富で、
その含有量は檸檬の約3倍と言われています。

 

アサイーはヴィタミンEが豊富で、
その含有量は南瓜の約2倍、鰻の約6倍です。
ヴィタミンEは体内の脂質や細胞膜の酸化を防ぐ働きがあり、
動脈硬化予防の効果が期待できます。

 

アサイーはカルシウムが豊富で、
別名「アマゾンのミルク」と呼ばれています。
その含有量は牛乳の2倍、豆乳の22倍で、
骨粗鬆症予防の効果が期待できます。

 

カルシウムとペアで働くマグネシウムの含有量も多いので、
骨粗鬆症予防の効果が期待できます。

 

アサイーは鉄分が豊富で、
その含有量はレバーの約3倍、
菠薐草の約4倍、プルーンの150個分に相当し、
免疫力の向上や貧血予防の効果が期待できます。

 

アサイーは亜鉛が豊富で、
その含有量はアーモンドの1.8倍、
椎茸の8倍です。
亜鉛は新陳代謝に不可欠なミネラルで、
味覚を正常に保つ働きがあります。

 

アサイーはリンが豊富で、
その含有量はバナナの4倍です。
リンは歯や骨を作ったり、
糖質の代謝を高めたり、
ナイアシンの吸収を助けたりします。

 

アサイーはポリフェノールが豊富で、
その含有量は赤ワインの約30倍、
ブルーベリーの約18倍です。
ポリフェノールの中でもアントシアニンが豊富で、
その含有量はブルーベリーの4.6倍です。
アサイーはシアニジン系のアントシアニンを多く含んでいます。
シアニジンは抗酸化力が高く、
分子が小さいため、
吸収率が非常に高く、
即効性と持続性に優れており、
PCやSPなどによる眼精疲労の回復・軽減に効果が期待できます。
アントシアニンは食後の血糖値の上昇を抑える働きがあり、
糖尿病予防の効果が期待できます。

 

アサイーには植物性ステロールが豊富に含まれています。
植物性ステロールは体内に吸収されるコレステロールが減少させる働きがあるため、
副作用のない「天然のコレステロール低下剤」と呼ばれています。

 

アサイーは食物繊維が豊富で、その含有量は牛蒡の3倍です。
食物繊維は腸の働きを整える効果があります。

 

アサイーは、朝食に、そしてスポーツに最適です。
アスリートに愛用者が多いのもアサイーの特徴です。
なでしこジャパンの川澄奈穂美選手はアサイージュースを愛飲しているそうです。

 

モデルの道端アンジェリカさんは、
毎朝ランニング後に酵素たっぷりのジュースを飲むのが定番で、
今一番のお気に入りがアサイースムージーだそうです。

 

アサイーの栄養価

  • アミノ酸は醸造酢の38倍
  • ヴィタミンB1は胡麻の13倍
  • ヴィタミンCは檸檬の3倍
  • ヴィタミンEは鰻の6倍
  • カルシウムは牛乳の2倍
  • 鉄分はレバーの3倍
  • 亜鉛はアーモンドの1.8倍
  • リンはバナナの4倍
  • ポリフェノールは赤ワインの30倍
  • アントシアニンはブルーベリーの4.6倍
  • 食物繊維は牛蒡の3倍

 

アサイーの薬効

  • 美肌効果
  • 整腸作用
  • 貧血予防
  • 動脈硬化予防
  • 骨粗鬆症予防

 

アサイーを愛食している有名人

  • 水谷雅子
  • 平子理沙
  • 釈由美子
  • 田中マヤ
  • 押切もえ
  • SHIHO
  • 美香
  • 辺見えみり
  • 優木まおみ
  • 道端アンジェリカ
  • アンジェリーナ・ジョリー
  • ミランダ・カー
  • オーガスト・ハーゲスハイマー

スポンサードリンク

食事

美容

身体

生活

症状

生理活性物質

栄養素

果物

花菜

果菜

葉菜

茎菜

藻類

堅果

種実

穀物

豆類

発酵

卵類

洋菓子

飲料

蜜類

製菓材料

健康

連鎖

このページの先頭へ