牧草飼育酪農バターコーヒーダイエットwiki

西川貴教スピルリナ

Facebook&Twitterで共有×拡散!

バターは糖質過食欲求を抑える

バターコーヒーwiki

バターは、牛乳から分離したクリームを練って固めた食品です。
バターの歴史は古く、紀元前2000年のインドや
ポルトガルでも食用として使われていました。
ベルギーでは12世紀からバターが食べられていました。
ノルウェーでは13世紀からバターが食べられていました。
バターが日本に入ってきたのは江戸時代で、
戦後の食の欧米化に伴って日本人の
家庭の食卓に一気に広まりました。

 

バターの主成分は乳脂肪で、
食用油脂の中で最も消化が良く、
約99%の消化率で体内に吸収されます。

 

バターには、ヴィタミンA、D、E、K2、パルミチン酸、
ミリスチン酸、酪酸、セレン、CLAなどが含まれており、
赤ちゃんからお年寄りまで安心して摂取できます。

 

バターの60,%以上は飽和脂肪酸で
酸化に強いので加熱料理に適しています。

 

牧草を食べて育った自然放牧牛の
乳から作られたバターが理想的です。

 

最も理想的なのは中洞牧場の
無塩のグラスフェッドバターです。

 

糖質制限食やMEC食を実践しても体重が落ちない人は
バターコーヒーを積極的に摂取するのが良いと思います。

 

バターは50gで消化に12時間かかるので
非常に腹持ちが良い食品だと言えます。

 

午前中はバターコーヒーだけで過ごす生活を
送っていると空腹感がなくなります。

 

バターを摂取する事によって脂肪酸エネルギーが持続的に
ミトコンドリアのクエン酸回路と電子伝達系に供給されます。
これは「油を摂って油を燃やす」という原理だと言えます。

 

バターを摂取すると糖質過食欲求が消失します。
糖質制限食やMEC食を実践してもうまくいかず、
反動で糖質を過剰摂取する人は少なくありません。
それは糖質代謝から脂肪酸代謝への
スイッチの切り替えがうまくいかないからです。

 

バターは、短鎖、中鎖、長鎖脂肪酸のバランスが優れており、
長時間継続的にアセチルCoAに変換され、
クエン酸回路にスムーズに入ります。
その結果、長時間継続的にATPが満たされるので
糖質過食欲求は消失します。

 

過食症や糖質依存症の人には
バターコーヒーの摂取が望ましいです。


スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

アセンション2018年9月