バターコーヒーダイエット方法の効果

次元上昇アセンション2018

Facebook&Twitterで共有×拡散!

バターは糖質過食欲求を抑える

バターコーヒーダイエット方法

バターは、牛乳から分離したクリームを練って固めた食品です。

 

糖質制限食やMEC食を実践しても体重が落ちない人は
バターコーヒーを積極的に摂取するのが良いと思います。

 

午前中はバターコーヒーだけで過ごす生活を
送っていると空腹感がなくなります。

 

バターを摂取する事によって脂肪酸エネルギーが持続的に
ミトコンドリアのクエン酸回路と電子伝達系に供給されます。
これは「油を摂って油を燃やす」という原理だと言えます。

 

バターを摂取すると糖質過食欲求が消失します。
糖質制限食やMEC食を実践してもうまくいかず、
反動で糖質を過剰摂取する人は少なくありません。
それは糖質代謝から脂肪酸代謝への
スイッチの切り替えがうまくいかないからです。

 

バターは、短鎖、中鎖、長鎖脂肪酸のバランスが優れており、
長時間継続的にアセチルCoAに変換され、
クエン酸回路にスムーズに入ります。
その結果、長時間継続的にATPが満たされるので
糖質過食欲求は消失します。

 

過食症や糖質依存症の人には
バターコーヒーの摂取が望ましいです。


スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ