臀部の筋肉を鍛えると健康になる

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

お尻の鍛えると健康になる

臀部

私たち人類は他のどの動物にも
成し得なかった機能を獲得しました。
それは二足立位と二足歩行という機能です。

 

地球の重力に抗った直立二足歩行は
お尻の筋肉が大きく関わっています。

 

お尻にある殿筋は主に大殿筋、
中殿筋、小殿筋の三層構造になっています。

 

お尻の筋肉の発達度合いは人種によって異なります。

 

発達度合いが高い順に
黒人>白人>黄色人
となります。

 

お尻の筋肉の発達度合いを
決定する要因は骨盤の傾きです。

 

骨盤が前傾しているとお尻の
筋肉は発達しやすくなります。

 

骨盤が後傾しているとお尻の
筋肉は衰えやすくなります。

 

お尻の筋肉を活用するためには
骨盤が前傾している事が重要ですが
黄色人は黒人や白人に比べて
骨盤が後傾している人が多いです。

 

骨盤の前傾を引き出すためには骨盤の
前面にある腸腰筋を鍛える必要があります。

 

腸腰筋を鍛えると骨盤が前傾して意識しなくても
お尻の筋肉が常に使われるようになります。

 

人間の筋肉は推進筋群と抗重力筋群からなり、
それぞれが混在して構成されています。

 

お尻の筋肉は抗重力筋群に含まれ、
大殿筋は推進筋群と抗重力筋群すべてを
合わせた中でも最大にして最強の筋肉です。

 

お尻の筋肉を構成する抗重力筋は
体を垂直方向に支えたりバランスを取ったり
関節を保護するなどの大切な役割を担っています。

 

抗重力筋は遅筋繊維が多いので、
発達するのが遅いという特徴があります。

 

抗重力筋は重力や体重の負荷がないと
すぐに衰えてしまうという性質を持っています。

 

骨盤周りの抗重力筋が衰えると
腰痛になりやすくなります。

 

お尻の筋肉が衰えると歩行動作が困難になり、
歩行速度が低下し始め、認知症のリスクが高まります。

 

お尻の筋肉は自重負荷だけで
充分発達させる事ができます。

 

自重でできるという事はスポーツジムや
フィットネスクラブに行く必要はないという事です。

 

お尻の筋肉の発達に特化したトレーニングを継続すると
立つ事や歩く事に大きな改善をもたらす事ができます。

 

お尻を中心とした抗重力筋を鍛えて推進筋の柔軟性を
高めてあげれば一生自分の足で歩けるようになります。

 

お尻の筋肉の三つの役割

  • 体を支える。
  • 股関節を保護する。
  • バランスを取る。

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ