太陽の紫外線を1日15分浴びると健康になる

アセンション症状2017

Facebook&Twitterで共有×拡散!

太陽を浴びると健康になる

太陽

現在、地球上に約70億人いる人類は、
もともとアフリカの女性から始まったと
遺伝子の研究結果で明らかになっています。

 

本来、癌とは無縁の人類が、
アフリカを出て北へ北へと移動し、
日照時間の少ない地域に住む事により、
癌が増えるようになったと言われています。

 

人間は太陽を浴びて生きるように
プログラミングされているのです。

 

太陽を浴びるとミトコンドリアを刺激し、
エネルギーが出て元気になります。

 

太陽を浴びながら散歩をするだけで
セロトニンが多く分泌されるので、
ストレスが緩和されます。

 

セロトニン不足による鬱病、
引き籠りなどの解決にも繋がります。

 

また、メラトニンが増加するので、
不眠症の改善にも繋がります。

 

太陽を浴びると体内でヴィタミンDが生成され、
骨密度が上がるので、
骨粗鬆症の予防にも繋がります。

 

東北地方や山陰地方など、
冬の日照時間が短い地方では
冬に鬱になる人が増えます。

 

日照時間が短くなる事で、
メラトニンやドーパミンの分泌量が減るのが原因です。

 

鬱病の人は日中カーテンを閉め切りにして
太陽を浴びない生活をしている人が多いです。

 

太陽を浴びないと
体内で作られる活性型ヴィタミンD3が減るので、
風邪やインフルエンザに罹りやすくなります。
活性型ヴィタミンD3はカテリシジンを活性化し、
感染症を予防する役割を担っています。

 

ここ数年、乳幼児のくる病が増えていると言われています。
くる病とは、成長期の子供に起こる骨の変形や成長障害で、
その大きな原因として挙げられるのがヴィタミンDの欠乏です。

 

ヴィタミンDは骨の材料であるカルシウムやリンの吸収を高め、
骨へ沈着させる働きがあります。
そのヴィタミンDが欠乏する事で、
カルシウムやリンが骨に沈着しなくなるのです。
大人の場合、ヴィタミンD欠乏が骨粗鬆症を招く事もあります。

 

ヴィタミンDは強力な抗酸化物質の一つで、
体内の活性酸素を除去する働きもあります。
さらに、大腸癌、乳癌、胃癌、前立腺癌にも、
顕著な効果があるという報告もあります。

 

ヴィタミンDの生成に欠かせないのが紫外線です。
一日の所要量の目安とされているのが4000IUです。
夏なら30分、冬なら顔と手を90分程度日光に当てる事で、
充分なヴィタミンDが摂取できる事になります。

 

北半球の極北部地域では、1型糖尿病、多発性硬化症、
関節リウマチ、骨粗鬆症、乳癌、前立腺癌、大腸癌などの
病気が他の地域より多い傾向が見られます。


スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ