エクオールの検査・産生菌・副作用・ソイチェック

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

エクオールを増やす方法とは

エクオール

美容や健康に良いとされている大豆イソフラボンですが、
その効果には個人差があります。

 

その鍵を握っているのがスーパーイソフラボンとも
呼ばれる物質エクオールです。

 

エクオールは、肌の皺の改善、更年期障害の緩和、
乳癌の予防、前立腺癌の抑制などに効果が期待されています。

 

さらにエクオールは要介護や死亡のリスクを
低くする可能性があると言われています。

 

大豆イソフラボンは美容と健康に効果があるとされていますが、
大豆イソフラボンのままだと効果が弱いのです。

 

エクオールは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、
エクオール産生菌の働きによって変換されて生み出されます。

 

エクオールは女性ホルモンと似た働きをします。
女性ホルモンは40代半ばから急激に減り始めるのですが、
エクオールが減少した女性ホルモンを補う働きをしてくれます。

 

エクオールの効果@肌の皺予防

女性ホルモンには肌の水分を保ち、
コラーゲンを作る働きがあります。
中高年の女性にエクオールを12週間摂取してもらったところ、
目尻の皺が改善したという結果が出ています。

 

エクオールの効果A更年期症状の軽減

更年期障害によって、ほてり、のぼせ、不眠、
倦怠感、首や肩の凝りなどの症状が現れます。
中高年の女性を対象に調査を行ったところ、
更年期症状が軽い人はエクオールが多く、
更年期症状が重い人はエクオールが少ないという結果が出ました。

 

エクオールの効果A要介護死亡リスクの低下

東北大学が70歳以上の住民を対象として
エクオールの値を調査したところ、
調査から7年後までに要介護認定となった、
あるいは亡くなった方の割合が
エクオールを作れないグループでは52%だったのに対し、
エクオールの多いグループでは37%という結果になりました。
エクオールを多く作れる人の方が健康長寿でした。

 

エクオールの効果は他にもあります。
糖尿病や動脈硬化など更年期以降の
メタボリックシンドロームのリスクを
減らす効果もあると言われています。

 

エクオールは骨密度の減少を抑制する効果があります。
骨粗鬆症は高齢者の病気と思われがちです。
実は女性ホルモンの低下により骨量が減っているのです。
エクオールの効果を実証するため、
更年期以降の女性に2年間毎日豆乳を飲んでもらったところ、
豆乳を飲まなかったグループは骨密度が低下していました。
年齢を重ねていますので当然と言えば当然の結果です。
しかし、豆乳を飲んでいたグループのうち、
エクオールを作れる人の骨密度は明らかに増えていたのです。

 

エクオールを作れると本当に良い事ずくめです。

 

エクオールには過剰の女性ホルモンの
働きを抑える作用があるので、
乳癌のリスクを下げる効果が期待されています。

 

男性には前立腺癌の抑制効果が期待されています。
それと抜け毛の抑制効果が期待されています。
前立腺癌も抜け毛も原因は男性ホルモンとされています。
エクオールには前立腺癌の原因となる過剰な男性ホルモンの
働きを抑える効果がある事が報告されています。

 

抜け毛も過剰な男性ホルモンなどが原因なので、
まだ直接的なデータは報告されていませんが、
理論的にはエクオールの効果が
あるのではないかと考えられています。

 

エクオールを作れる人の共通点としまして緑茶を
よく飲む人が多いという結果が出ております。

 

しかし、このエクオールは体の中で
作れる人と作れない人がいるのです。
全員がエクオールを作れる訳ではなのです。
エクオールを作れない人は大豆製品を
食べたとしても効果が少し弱いです。

 

日本の約50%の人は体内でエクオールが作れません。
日本や中国などの大豆を常食する国々では、
エクオールを作れる人の割合が約50%、
大豆の食習慣がない欧米では20〜30%です。
大豆イソフラボンを多く摂取しても、
効果を実感できない人がいるのは、
体内でエクオールを作れる人と作れない人がいるからです。

 

エクオールについては分かっていない事が多く、
エクオール産生菌を持っていない人が
作れるようになるかどうかはまだ分かりません。
しかし、エクオールのサプリメントで
直接摂れば補う事ができます。
エクオールのサプリメントは薬局などで売られています。

 

エクオール産生菌を持っている人が
より多くのエクオールを作るためには
腸内環境を見直す事でエクオールを
作りやすい状態にする事ができます。
そこで、お勧めなのがポテトサラダです。
米やジャガイモに含まれるレジスタントスターチは
小腸で消化されずに大腸に届き、
腸内で善玉菌の餌となって腸内環境の
改善に役立つと考えられています。
さらに、ジャガイモは冷ます事によって
レジスタントスターチの量が増えるので、
ポテトサラダは腸内環境を整えるのに
最適な料理なのです。

 

エクオールの量を調べる検査はお近くの病院や
通販でも買えるエクオール郵送検診キットの
ソイチェックで手軽に調べる事ができます。

 

エクオールの量は5段階のレヴェルで示されます。
レヴェル5が最高でエクオール産生菌はとてもよく活動しています。
レヴェル3以上であればエクオールを作れると考えていいでしょう。
レヴェル1と2はエクオールを作れていないという事です。
レヴェル5の人はほとんどいないです。

 

さらに若年層ではエクオールを作れる人の
割合が低いというデータもあります。
大豆製品を食べない食の欧米化が
原因ではないかと言われています。

 

年代別エクオール産生者比率

10代 27%
20代 38%
30代 46%
40代 44%
50代 43%
60代 46%
70代 54%

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

蜜類wiki

飲料wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ