メロンの栄養・糖質・効果・効能・ダイエット

食べない生き方

Facebook&Twitterで共有×拡散!

メロンの栄養は疲労回復を促進する

メロン

メロンは、インド原産のウリ科の一年生草本植物の果実です。

 

すでに有史以前にエジプト、
ギリシャで栽培されており、
日本にも弥生時代には伝わっていたようです。

 

品のある甘い香りが魅力的で、
昔から贈答品としても多く利用されてきました。

 

主な産地は、茨城県、北海道、熊本県などです。

 

静岡県では、メロンを富士、山、白、雪と、
地方色のある呼び名で等級分けしているそうです。

 

メロンの甘味成分は、蔗糖、ブドウ糖、果糖などの糖質です。
酸味成分は、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸です。
その上にβ-カロテン、ヴィタミンB1、B2、C、カリウムが含まれているので、
暑気払いや夏パテの回復には有益です。

 

メロンに含まれるカリウムの量は
果物の中でもずば抜けて多く、
水分バランスの調節をする働きがあり、
浮腫み、高血圧、腎臓病の予防に有効です。

 

メロンに多く含まれているパントテン酸は、
分解された脂質の代謝を調整して、
コレステロールを低減し、
脂肪の蓄積を防止する効果があると言われています。

 

メロンにはアデノシンという成分が含まれており、
血液凝固を抑制する働きがあり、
脳卒中や動脈硬化を予防します。

 

メロン独特の甘い香りの主成分であるテルペンには、
抗癌作用があるとされています。

 

摘み採ってから追熟させなければならないのは、
細胞の中に不溶性のプロトペクチンがあり、
これを分解させて可溶性のペクチニン酸や
ペクチン酸にして果肉を柔らかくするためです。

 

完熟前のメロンは常温で保存しましょう。
食べ頃の合図は甘い香りが強くなってきた時です。
食べる2〜3時間前に冷蔵庫に入れて冷やすのがお勧めです。

 

メロンの品種

  • マスクメロン
  • 夕張メロン
  • アンデスメロン
  • クインシーメロン
  • アムスメロン
  • タカミメロン
  • オトメメロン
  • ルピアレッド
  • プリンスメロン
  • ホームランメロン
  • ハニーデューメロン
  • キンショウメロン

 

メロンの効果

  • 解熱作用
  • 利尿作用
  • 浮腫み予防
  • 高血圧予防
  • 腎臓病予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ