ゼラチンの栄養・成分・効果・効能・効用

アセンション症状2017

Facebook&Twitterで共有×拡散!

ゼラチンは魔法の白い粉

ゼラチン

ゼラチンは、牛、豚、魚などのコラーゲンに熱を加えて抽出したものです。

 

人間の体は、60〜75%が水で、15〜20%が蛋白質です。
その蛋白質の約30%はコラーゲンです。

 

コラーゲンは、皮膚、血管、軟骨、骨、歯、目、腱、内臓など、
全身の至る所に分布しています。

 

全コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に、
残りは血管や目などに存在しています。

 

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の三層構造から成り立っています。
皮膚の主役である真皮の大部分はコラーゲンで構成されています。
従って、コラーゲンが活発に生成されれば、
皮膚の弾力性と保水力は保たれるようになります。

 

コラーゲンのアミノ酸組成は、
グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリン、アラニンです。

 

体内でコラーゲンがスムーズに生成されるためには、
これらのアミノ酸を補給する必要があります。

 

蛋白質を多く含む肉や魚を食べる事でも補う事ができますが、
最も効果的に補う方法はゼラチンを摂取する事です。

 

ゼラチンはこれらのアミノ酸が結合した状態のものなので、
摂取すれば、消化管で消化・分解されて、
必要なアミノ酸となって吸収されます。

 

そして、皮膚の繊維芽細胞に運ばれて、
そこで再びコラーゲンとなる訳です。

 

そして、それが真皮に供給されて、
肌の状態が良くなるという訳です。

 

軟骨の65〜80%は水分で、
固形成分の半分はコラーゲンです。
従って、ゼラチンを摂取すると、
膝の軟骨を形成するコラーゲンが生成され、
変形性膝関節症が改善するようになります。

 

コラーゲンは骨基質の大部分を占めています。
従って、ゼラチンを摂取すれば、コラーゲンの生成が活発になり、
骨の強度が増し、骨密度が増え、骨粗鬆症が防げるようになります。

 

血管の大半はコラーゲンでできた線維で形成されています。
従って、ゼラチンを摂取すると、
全身に張り巡らされている血管も丈夫になり、
脳出血や毛細血管からの出血が起こりにくくなります。
血管の専門医もこの事実を認めています。

 

血管が弾力性を保ち、しなやかな状態であれば、
血液の圧力を吸収する事ができるので、
高血圧を回避できるはずです。

 

ゼラチンの1日推奨量は、
1〜1.5gとされています。

 

ドラッグストアやコンヴィニエンスストアには、
コラーゲン入り美容ドリンクが売られていますが、
合成甘味料が含まれているので、お勧めできません。

 

コラーゲンのサプリメントに比べると、
ゼラチンは低価格で売られています。

 

添加物は使われていないので、
安心して摂取する事ができます。

 

ゼラチンの薬効

  • 美肌効果
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防
  • 骨粗鬆症予防
  • 変形性膝関節症予防
  • 飛蚊症予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ