鉄分は赤血球のヘモグロビンの構成成分

1日1食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

鉄分は全身に酸素を運ぶ

鉄分

地球は鉄の惑星です。
地球の約30%は鉄なのです。
鉄こそが生命を育んだという説があります。
鉄分と生命はかけがえのない関係にあります。

 

鉄分は赤血球のヘモグロビンの構成成分で、
全身の組織や細胞に酸素を運ぶ役割を担っており、
貧血予防には欠かせない栄養素です。

 

鉄分は動物のレバー、アサリ、カキ、
ほうれん草などに多く含まれています。

 

 

鉄分の健康効果と言えば
貧血による立ち眩みを改善できる
栄養素というのが一般的でしたが
近年、鉄分をしっかり摂取する事で
様々な体の不調や不定愁訴を
改善できる可能性がある事が分かりました。

 

WHO世界保健機関のデータによると
鉄分による貧血防止ができている国ランキングで
日本は54位にランクされていました。

 

残念ながら世界的に見て日本は
鉄分不足大国だったのです。

 

鉄分の豊富な食材は、ほうれん草、
小松菜、切り干し大根、ひじき、アサリ、
カキ、マグロ、牛肉、レバーなどです。

 

鉄分は体の中にどれくらいあるのでしょうか?

 

健康的な人の体の中には
約5gの鉄分が入っています。

 

この約5gの鉄分はそもそも私たちの
体の中のどこにあるかご存知ですか?

 

実は最も多いのが血液の中です。
体内の鉄分の60〜70%が
血液の中を流れているのです。

 

でもわずか5gしかない鉄分が不足する事で
なぜ体の不調が起こるのでしょうか?

 

鉄分は全身に酸素を運ぶ役割を担っています。
赤血球の中にはヘモグロビンが沢山入っています。
このヘモグロビンは鉄分と蛋白質でできています。
鉄分は酸素とくっつきやすい性質があります。
この赤血球の中のヘモグロビンが
酸素を沢山くっつけて全身をまわって
各種の細胞に酸素を届けています。

 

鉄分が不足すると全身に酸素が
運ばれないという事になります。

 

頭に酸素が運ばれないと
目眩、頭痛を引き起こします。

 

肩の筋肉に酸素が運ばれないと
肩凝りを引き起こします。

 

手足の末端に酸素が運ばれないと
冷え症を引き起こします。

 

ヘモグロビンの値は血液検査で調べると分かりますが
この場でできる簡単な検査方法があります。
それは「あっかんベーテスト」です。

 

あっかんベーをするだけで鉄分不足による
貧血の可能性が分かります。

 

あっかんベーテストは実際の医療現場でも
行われている検査方法になります。

 

瞼の下を指で押し下げます。
瞼の裏が赤ければ正常です。
貧血の場合は白くなります。

 

日本人の鉄分の摂取量は1日7.6mgです。
アメリカ人の鉄分の摂取量は1日14.8mgです。

 

鉄分による貧血防止ができている国
ランキング第1位はアメリカです。

 

アメリカ人は日本人の約2倍の
鉄分を摂取できているのです。

 

果たして日本とアメリカの
どこに違いがあるのでしょうか?

 

アメリカの家庭では朝食に
シリアルを食べるのが一般的です。

 

シリアルとは日本でもお馴染みの
コーンフレークやオートミールなど
穀物を加工した朝食の定番メニューです。
シリアルは毎朝欠かせない食べ物です。

 

アメリカのシリアル1食分の鉄分量は
FDA米国食品医薬品局が推奨する
1日の鉄分摂取量を100%満たしています。

 

アメリカのほとんどのシリアルには
鉄分が豊富に含まれています。

 

アメリカでは多くの食品に
鉄分が豊富に含まれています。
一体どういう事なのでしょうか?

 

1940年代、 アメリカでは国民の栄養状態の
悪化が深刻な社会問題となっていました。

 

そこで当時のフランクリン・ルーズヴェルト大統領が
国民の健康状態を向上させるために
目を付けた解決策こそ鉄分を
主とする栄養素だったのです。

 

小麦粉に鉄分などの栄養素を
添加する事が法律で義務化され、
国策によりアメリカ国民の健康状態を
向上させる事に成功した訳です。

 

日本では食品への鉄分の添加は
義務付けられていないのが現状です。
私たち一人一人が工夫して
鉄分を摂取しなければなりません。

 

鉄分には食べた時に
体に吸収されやすい鉄分と
体に吸収されにくい鉄分があります。

 

吸収されやすいか吸収されにくいかは
鉄分の性質によって決まります。

 

肉や魚などの動物性食品に含まれている鉄分は
「ヘム鉄」と言って体に吸収されやすい鉄分です。

 

野菜や海藻などの植物性食品に含まれる鉄分は
「非ヘム鉄」と言って体に吸収されにくい鉄分です。

 

動物性のヘム鉄の場合は
10〜30%が体に吸収されます。

 

植物性の非ヘム鉄の場合は
1〜8%しか体に吸収されません。

 

日本人が食事から摂取している鉄分の
85%以上が植物性の非ヘム鉄です。
そのためどうしても日本人は
鉄分不足に陥りやすくなります。

 

実は食材に頼らなくても鉄分を
手軽に摂取できる方法があります。
それこそが料理に鉄器を使う事です。

 

南部鉄器に代表される鉄瓶や鉄鍋など、
昔はどこの家庭でも使われていました。

 

この鉄器を使う料理法こそが
簡単な鉄分補給方法です。

 

鉄分摂取方法に関する注意点があります。
鉄分はサプリメントでも手軽に摂取できますが、
摂りすぎると様々な症状が表れる事もあります。

 

鉄分をサプリメントで摂取する場合は
1日の摂取目安量を守って下さい。

 

ヘム鉄を多く含む食品

  • マグロの赤身
  • 牛肉
  • 豚レバー
  • 鶏レバー

 

鉄分不足が引き起こす体の不調・症状

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 首凝り
  • 肩凝り
  • 息切れ
  • 動悸
  • 息切れ
  • 冷え
  • 立ち眩み
  • 目眩
  • 疲れやすい
  • ネガティヴ思考
  • 無気力
  • 朝起きられない
  • 眠りが浅い

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ