トマトのリコピンの糖尿改善の効果・効能・効用

1日1食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

トマトはリコピンの宝庫

トマト

トマトは、南アメリカのアンデス山脈高原地帯原産の
ナス科ナス属の植物の果実です。

 

トマトがヨーロッパに渡ったのは16世紀の大航海時代です。
当時は見た目や香りから有毒植物と思われていたので、
もっぱら観賞用でした。
しかし、イタリアでの飢饉でやむなく食べた際
美味しい事が分かりました。
食べられるようになったのは18世紀以降の事です。

 

トマトは世界に1万種類あります。
日本だけでも100種類以上あります。

 

トマトはそのまま食べても美味しいだけでなく、
煮る、焼く、炒める、炊くなど、
多くの調理バリエーションがあります。

 

日本では生のまま食べる機会が多いですが、
海外では調理して食べる事が多いです。
和洋中どんな料理にもトマトが使われています。

 

トマトジュースにコンソメ、味噌、
好きな具材を入れて煮込むだけで
美味しいスープが出来上がります。

 

トマトは、ヴィタミンA、Cが豊富な他、
ヴィタミンH、Pという珍しいヴィタミン類を含んでいます。
ヴィタミンH、Pはあまり聞き慣れないヴィタミンですが、
お互いの相乗効果を発揮し、
細胞と細胞を繋ぐコラーゲンを作ったり
血管を丈夫にしたりと、
重要な役割を担っています。

 

トマトのヴィタミンCは比較的
熱に強いという特徴があります。
ヴィタミンCにはコラーゲンを
生成する働きがあります。

 

トマトに含まれているヴィタミンB6には
皮膚病を治す効果もありますので、

 

これらのヴィタミンが総合されて、
美しい肌を保つのに奏効します。

 

西洋には「トマトがある家に胃弱なし」という諺があります。
クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、コハク酸などの有機酸は、
胃液の分泌を促進させて消化を促してくれる働きをしてくれます。
カリウム、カルシウム、ナトリウム、
マグネシウムなどのアルカリ性のミネラルは、
酸血症を中和する働きがあります。

 

トマトの赤い色素はリコピンというカロテノイドの一種です。
リコピンは、カロテノイドの中でも最も抗酸化作用が高く、
活性酸素を強力に除去してくれます。
その抗酸化力はβ-カロテンの2倍、
ヴィタミンEの100倍と言われています。

 

朝トマトジュースを飲むと昼飲むよりもリコピンの
吸収率が約12倍高いという実験結果もあります。

 

リコピンには血糖値の上昇を抑え、
過酸化脂質の発生を防いで動脈硬化を予防し、
肺癌、前立腺癌、乳癌などの癌細胞の増殖を抑えるなど、
幅広い働きを持つ事でも知られています。

 

リコピンはメラニンの精製に必要な
チロシナーゼという酵素の働きも抑えるので、
美白効果も期待できます。

 

トマトが赤ければ赤いほど
リコピンの効果が期待できます。
缶詰や市販トマトジュースには、
完熟トマトが使われているのでお勧めです。

 

トマトは加熱した方が、
リコピンやナリンゲニンやクロロゲン酸などの
薬効成分の体内吸収が高まる事が知られています。

 

トマトを生で食べた場合、
人間の消化機能上、
すべてのリコピンは吸収できません。
リコピンは脂溶性なので
主に細胞膜に存在しています。
リコピンの吸収率を最大限にするには、
加熱する必要があります。
加熱する事で細胞膜が壊れ、
リコピンが吸収されやすくなります。
リコピンは加熱しても損失する事がありません。

 

リコピンは水に溶けにくく、
油に溶けやすい性質を持ったファイトケミカルです。
トマトをオリーヴオイルと一緒に
加熱する地中海地方の伝統的な食習慣は、
リコピンの体への吸収を最大限に高める上で
合理的な意味があると言えます。

 

美容と健康の効果を期待するなら、
リコピンは1日に15mg以上摂取するのが理想的です。
リコピン15mgは大きめのトマト2個分に相当します。
プチトマトだとだいたい17個分に相当します。

 

トマトにはケルセチンという成分が含まれています。
ケルセチンは毛細血管を強くして
動脈硬化を予防する効果があります。

 

トマトにはピラジンという香り成分が含まれています。
ピラジンには血行促進効果や血栓予防効果があります。

 

トマトには少量のメラトニンが含まれています。
メラトニンは睡眠の質を高める脳内物質で、
健康的な体内時計を作り出すのを助けます。
メラトニンには体内の活性酸素を減少させ、
免疫力を高める働きがあります。
憂鬱な気分を和らげるので
ストレス対策にもなります。

 

トマトに含まれる水溶性食物繊維ペクチンは、
腸内環境を整えてくれます。

 

トマトの旨味成分であるグルタミン酸には、
インスリンの作用を増強するホルモンである
GLP-1の分泌を促す作用があり、
血糖値の上昇が抑制されます。
グルタミン酸やアミノ酪酸には健脳効果があります。

 

トマトには13-oxo-ODAという不飽和脂肪酸の一種が含まれています。
この成分は中性脂肪を減少させる働きがあり、
メタボリックシンドロームの予防にも役立ちます。

 

トマトは様々な点から優れた総合力の高い野菜であり、
高血圧・高血糖・高脂肪の三高を改善する強い味方と言えるでしょう。

 

トマトの品種

  • 桃太郎
  • ファースト
  • ミニトマト
  • フルーツトマト

 

トマトの薬効

  • 美白効果
  • 痩身効果
  • 血液浄化
  • 免疫力強化
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
  • 脳出血予防
  • 動脈硬化予防
  • 脂肪燃焼作用
  • 中性脂肪低下

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ