タイガーナッツの栄養・効果

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

タイガーナッツは食物繊維の宝庫

タイガーナッツ

タイガーナッツは北アフリカ原産の根菜です。

 

200万年以上前からアフリカでは
タイガーナッツは人類の主要な食料でした。
古代エジプトでは貴重な栄養食でした。
ヨーロッパでは600年以上前から食べられています。

 

タイガーナッツミルクはスペインの
国民的飲み物になっているそうです。

 

数年前からニューヨーカーの間でブームになりました。
日本ではモデルの道端アンジェリカさんが
2016年1月18日放送のフジテレビ『私の何がイケないの?SP』で
体型維持のために愛食していると紹介した事で
注目のダイエットフードとして注目度が急上昇しました。
道端アンジェリカさんはB86、W60、H88と
抜群の体型を20歳の頃から維持しています。
その鍵を握っているのがタイガーナッツです。
食前にタイガーナッツを食べるだけダイエットという、
いたってシンプルなものです。
食前に食べる事で
先に食物繊維が腸に届き、
糖質や脂質の吸収を抑え、
血糖値の上昇を緩やかにして、
太りにくくする働きがあるのです。

 

2016年5月25日に元AKBの前田敦子さんが
Twitterにて「タイガーナッツに完全はまりました」と
ツイートして話題になりました。

 

非加熱製法のタイガーナッツも売られているので、
ローフード実践者の間でも重宝されています。

 

噛み応えのある食感は、脳を活性化し、
満腹感も得られやすくなるので、
小腹が空いた時やダイエット時の栄養補給に最適です。

 

食前に少し食べる事によって
食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

 

アレルゲンフリーでグルテンフリーなので
安心して食べる事ができます。

 

タイガーナッツがスーパーフードと言われる理由は、
その栄養価の高さにあります。
タイガーナッツにはヴィタミンB、C、E、
鉄分、カリウム、マグネシウム、オレイン酸、
食物繊維などが豊富に含まれています。

 

タイガーナッツはヴィタミンEが豊富で、
その含有量はアーモンドの2.5倍です。
ヴィタミンEは過剰な活性酸素を抑える働きがあり、
アンチエイジングにも効果が期待できます。

 

タイガーナッツは食物繊維が豊富で、
その含有量はアーモンドの3倍、牛蒡の14倍です。
牛蒡1本分の食物繊維が
わずか20粒のタイガーナッツで摂取できてしまうのです。

 

タイガーナッツの食物繊維は難消化性澱粉です。
難消化性澱粉は消化しにくいという特徴があります。
通常の澱粉は小腸で消化してエネルギーとなるのですが、
難消化性澱粉は小腸では消化されず大腸まで届くので、
同じ量を食べても体に吸収されるエネルギーが少なくなります。

 

お召し上がり方

タイガーナッツには自然の甘味があり、
そのまま食べる事もできますが、
硬い繊維が気になるのであれば、
ミキサーで砕いた上でお召し上がり下さい。
サラダのトッピングとしても利用できます。
ヨーグルトやシリアルやグラノーラに
混ぜて食べても美味しいです。
一晩浸けたタイガーナッツを水と一緒に
ミキサーで混ぜればオルチャータの完成です。

 

保存方法

高温多湿、直射日光を避け、
冷蔵庫にて密閉保存して下さい。
開封後はお早めにお召し上がり下さい。


スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

蜜類wiki

飲料wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ