カリフラワーの栄養・効果

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

カリフラワーは美肌効果抜群

カリフラワー

カリフラワーは地中海沿岸原産の
アブラナ科アブラナ属の
一年生植物の頂花蕾です。

 

ブロッコリーの蕾が突然変異により白化したと言われており、
頭頂部の花蕾を食用とする事から、
別名「花野菜」や「花キャベツ」と呼ばれています。
日本に渡来したのは明治初期で、
市場に出回るようになったのは戦後になってからです。

 

カリフラワーの主な産地は、
中国とインドです。

 

国内の主な産地は、
徳島県、茨城県、愛知県などです。

 

カリフラワーのヴィタミンCの含有量は、
淡色野菜の中でトップクラスです。
しかも、カリフラワーに含まれるヴィタミンCは
加熱による損失が少ないので、
茹でて食べても一日の必要量を
ほぼ摂取する事ができます。
そのため、ヴィタミンCの供給源として
非常に優れた野菜と言えます。
茎の部分にもヴィタミンCが豊富に含まれているので、
捨てずに利用しましょう。

 

ヴィタミンCはコラーゲンの生成を助け、
メラニン色素の生成を阻害するので、
美肌効果があるのは勿論ですが、
体の免疫力を高める白血球の働きを強化するので、
ウイルスに対する抵抗力がつき、
風邪予防にも効果を発揮します。

 

また、ヴィタミンCには抗ストレス作用があるので、
心身の疲労を和らげる効果もあります。
蛋白質食品と一緒に摂取する事で、
ヴィタミンCも効果的に摂取できます。
これによって、ストレスの緩和や美肌効果が向上します。

 

また、ヴィタミンCとEは体内で
お互いに助け合う働きをしますので、
ヴィタミンEの多い食品と組み合わせる事によって、
より一層の相乗効果を発揮します。

 

糖の代謝を促し疲労物質を排除するヴィタミンB1や、
脂質を効率よく代謝し、目、皮膚、粘膜の健康を保つヴィタミンB2も多く含まれており、
動脈硬化の原因となったり、老化を進行させる過酸化脂質の増加を抑えます。

 

また、カリフラワーにはカリウムも多く含まれているので、
血圧やコレステロールの上昇を抑制し、
脳梗塞や動脈硬化の予防にも効果を発揮します。

 

アブラナ科のカリフラワーには、硫黄化合物のイソチオシアネートが含まれています。
これは発癌物質の代謝を活性化させる働きを抑制する効果があります。

 

さらに、胃や肝臓などの発癌物質として知られているニトロソアミンの合成を妨げます。
細胞の酸化を防ぐ抗酸化物質でもあり、癌細胞の増殖を抑える働きもあります。
これらイソチオシアネートとヴィタミンCの相乗効果で、癌予防の効果が期待できます。

 

他にも、癌、腫瘍の増殖を抑制するステロール、
発癌物質を無毒化するインドール、
発癌抑制効果があるフラボノイドの仲間フェノール、
癌の増殖を抑える硫黄化合物メチルメサネサイホスルホネートなどが含まれています。

 

食物繊維の含有量も豊富で、
腸内環境を整えてくれます。

 

花蕾が小さく、びっしり詰まっているものが良いでしょう。
色は白い方が新鮮で、手に取ってみてずっしりと重いものは、
水分を含んでいて美味しいです。
茎は太い方が柔らかくて甘いです。

 

カリフラワーの保存方法

ラップで包むか野菜用のポリ袋に入れ、
冷蔵庫の野菜庫に立てて保存します。

 

カリフラワーの品種

  • ホワイトカリフラワー
  • オレンジカリフラワー
  • 紫カリフラワー
  • ロマネスコ

 

カリフラワーの薬効

  • 癌予防
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ