アスパラガスの栄養・効果

一日一食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

アスパラガスは疲労を回復させる

アスパラガス

アスパラガスは地中海東部原産の
被子植物単子葉植物に属する
多年生草本植物です。

 

アスパラガスの主な産地は、
中国、ペルー、メキシコ、ドイツ、タイなどです。

 

国内の主な産地は、
北海道、長野県、佐賀県などです。

 

グリーンアスパラガスは、ヴィタミンA、B1、B2、
C、E、葉酸などを含み、栄養価が高いです。

 

一方、ホワイトアスパラガスは
日光に当たらないため、栄養価は低く、
ヴィタミンCが少し含まれている程度となっています。

 

アスパラガスは年中出回っていますが、
国内産の旬は春から初夏にかけてです。

 

五月のアスパラガスは、一月の三倍ものβ-カロテンが含まれています。
β-カロテンは色の濃い野菜に含まれており、
摂取された後に体内でヴィタミンAに変換されます。
カロテンは脂溶性ヴィタミンのため、
油で調理すると小腸での吸収が高まります。

 

グリーンアスパラガスには、アスパラギン酸という非必須アミノ酸の一種が含まれています。
アスパラギン酸は、体内の老廃物の処理、肝機能の促進、疲労回復などの作用があり、
皮膚に対しては、代謝を活性化させる作用があると言われています。
アスパラギン酸は、栄養ドリンクにも多く取り入れられています。

 

穂先に含まれるルチンは、毛細血管を丈夫にし、
高血圧を予防したり、ヴィタミンCの吸収を助ける働きがあります。
ルチンは水溶性ヴィタミン様物質で水に溶け出るため、
茹でたり煮たりするよりも、蒸したり炒めたりする方が望ましいです。

 

五月のアスパラガスは、露地栽培で太陽の光をよく浴びているので栄養価が高く、
ルチンの含有量は冬場のハウス栽培のものと比べると6.7倍も含まれています。

 

グリーンアスパラガスは、下の方が硬いので、
その部分だけ皮を剥いて茹でるとよいでしょう。

 

アスパラガスの保存方法

湿らせたキッチンペーパーに包み、
野菜用のポリ袋に入れて
冷蔵庫の野菜室に保存します。
2〜3日を目安に使い切りましょう。

 

アスパラガスの品種

  • グリーンアスパラガス
  • ホワイトアスパラガス
  • ミニアスパラガス
  • パープルアスパラガス

 

アスパラガスの薬効

  • 疲労回復
  • 貧血予防
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ