梅干しの栄養・塩分・効果・効能・ダイエット方法

アセンション症状2017

Facebook&Twitterで共有×拡散!

梅は三毒を断つ

梅干し

梅は、東部アジア温帯原産の
バラ科サクラ属の落葉高木の果実です。

 

日本の梅は、中国渡来のものと原生種との交配種です。
中国では漢方として用いられ、
漢方薬杏仁水の原料となっています。

 

日本には平安時代に既に入ってきていたとされています。
梅干しが重宝されるようになったのは鎌倉時代あたりからで、
当時の戦国武将たちは梅を貴重な薬としていたようです。

 

日本の民間薬として梅エキスがあり、
細菌性の下痢、腹痛に用いられてきました。
頭痛の時に蟀谷に梅を貼ったり、
二日酔いや乗り物酔い防止に口に含むなど、
身近な民間薬の効能もあります。

 

梅の主な産地は、和歌山県、群馬県、
長野県、徳島県、福井県です。

 

梅の実には生物毒が含まれていますが、
天日干しにして塩で漬け込んだ梅干しは
古来、高い薬効があるとされてきました。

 

梅干しは、青梅を塩で漬けて天日干しして熟成させた食品です。
昔は、梅干しを毎日食べると医者要らずだと言って、
各家庭で自家製梅干しを常備していたものです。

 

梅干しには八種類の有機酸が含まれています。
その内訳は、クエン酸、フマール酸、リンゴ酸、
オキザロ酢酸アルファケト、グルタル酸、
イソクエン酸、アコニット酸、コハク酸となります。

 

漬け込む過程で生じる天然のクエン酸は
化学物質や放射性物質の解毒、
ウイルスの撃退に役立ちます。

 

梅干しの酸味は、クエン酸によるものです。
クエン酸が体内に吸収されると、
細胞がエネルギーを効率的に生み出します。
この回路は「クエン酸サイクル」と呼ばれ、
クエン酸がこのサイクルの働きを活発にし、
乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ出して、
疲労回復を促します。

 

クエン酸はエネルギーの
産出をスムーズにして
体内の疲労物質を素早く分解し、
体外へ排出してくれます。

 

癌細胞はクエン酸の働きに弱いため、
癌細胞と正常細胞のクエン酸サイクルが活性化すると、
癌細胞が死滅する事が知られています。

 

この他、クエン酸には体内のカルシウムの
吸収を良くする働きもありますので、
骨の弱い子供や高齢者の
カルシウム不足にも梅干しが大変有効です。

 

梅干しはクエン酸を含む食品の中でも最も良質なものです。
梅干しは長期熟成させたものほど、
殺菌力や疲労物質分解力の働きが強くなります。
特に三年以上寝かせた梅干しは、
最も造血力の強い最高の食品となります。

 

梅干しの有機酸には殺菌作用があります。
梅干しを白飯弁当やおにぎりに入れるのは防腐のためです。

 

梅干しは食中毒予防にも役立つ便利な伝統食品です。
梅干しに含まれるベンズアルデヒドや安息香酸は強力な防腐作用があるため、
抗生物質のなかった第二次大戦前の日本では、下痢、腹痛のみならず、
腸チフスや赤痢にも梅干しを用いていました。

 

梅肉エキスには、ムメフラールという成分が含まれています。
ムメフラールは、天然の梅の実には含まれておらず、
梅の果汁を煮詰めて梅肉エキスを作る過程で
クエン酸と糖の一部が結合して生成される物質です。
ムメフラールには血流を改善し、
血管壁にコレステロールが溜まるのを防ぐ効果があります。

 

研究の結果、梅干しを1日5個程度食べれば
ウイルスの抑制効果が期待できる事が分かっています。

 

梅干しを買うなら天然塩で漬けられ、
できれば3年以上熟成されたものを
選ぶようにしましょう。

 

青梅には毒性があるので生食は避けて下さい。

 

梅の品種

  • 南高
  • 白加賀
  • 古城
  • 小梅

 

梅の薬効

  • 疲労回復
  • 食欲増進
  • 消化促進
  • 殺菌作用
  • 胃癌予防
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ