アセンション2015

ココナッツとは

ココナッツ

ココナッツは、熱帯アジア原産のヤシ類ココヤシ属の単子葉植物の堅果です。

ヤシ類は人類誕生の遥か以前、約1億2000万年前の白亜紀に発生したとされています。
熱帯から亜熱帯にかけて広く分布し、その仲間は225属、2600種にものぼります。

主な産地は、フィリピン、タイ、スリランカなどの東南アジアの熱帯地域です。

ココヤシの実がココナッツで、外・中・内の果皮があり、
内果皮に包まれて胚乳と胚があります。
果実は繊維質の厚い殻に包まれ、その中に固い殻に包まれた大きな種子があります。
種子の内部は大きな胚乳に占められ、周縁部の固形胚乳と中心部の液状胚乳に分かれます。
未熟果は固形胚乳を生食する他、液状胚乳をココナッツジュースとして飲用します。

ココナッツは一種類ですが、収穫するタイミングによって、
クーラオ、ココナス、クラウと三種類に分けられます。

ココナッツは、世界中の多種多様な文化、言語、宗教、人種の人々により、
食糧と医薬品の貴重な資源として大切にされてきました。

ココナッツは捨てる部分がないと言われる農作物で、
古くから、ココナッツバター、ココナッツオイル、
ココナッツミルク、ココナッツウォーター、
ココナッツシュガーなどとして利用されていて、
高い栄養価から機能性食品としても知られています。

ココナッツの主成分は脂肪です。
飽和脂肪酸を主とした脂質が多く含まれ、エネルギー源となります。
ココナッツは中鎖脂肪酸で構成されていて、
長鎖脂肪酸とは全く異なる代謝でエネルギーを与えてくれる希少な栄養素となっています。

ココナッツには、カリウム、マグネシウム、鉄分、葉酸、食物繊維などが含まれています。

カリウムには体内の余分な塩分を排出して浮腫みを抑える効果があります。

鉄分には貧血を予防する効果があります。

マグネシウムは筋肉疲労を和らげてくれたりする他、
副腎皮質の機能を助ける抗ストレスホルモンを作り出すため、
「抗ストレスミネラル」とも呼ばれています。

食物繊維も非常に豊富なので、整腸効果が期待できます。

ココナッツバター

ココナッツの果肉を丸ごと全部ペースト状にしたホールフードです。
バター、マーガリン、ピーナッツバターの代用品として利用できます。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、ココヤシの果実の種子を圧搾抽出した天然の油です。

バターやマーガリンの代替品として人気急上昇中です。
トランス脂肪酸は全く含まれていないので、安心して利用できます。

熱を加えずに圧搾抽出した未精製無添加のヴァージンココナッツオイルは、
酵素が含まれているので、ローフードの素材としても利用されています。

ココナッツオイルは25℃以下で固まり始めるという特徴があります。
夏は液体、冬は固体と、形状が変化しますが、品質や成分は変わりません。

ココナッツオイルの成分の90%以上は飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸は熱に強く、酸化安定性が高いので、
高温で調理する炒め物や揚げ物には打ってつけのオイルと言えます。

天然のヴァージンココナッツオイルには甘い香りがあるため、
和食よりも中国料理、洋風料理、エスニック料理などに適しています。

ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸の約60%が中鎖脂肪酸です。
中鎖脂肪酸は母乳の脂肪分にも3~5%含まれている天然成分です。

中鎖脂肪酸は腸で素早く吸収され、
肝臓でケトン体に分解されます。
ケトン体が血液中に放出されると、
脳の神経細胞、筋肉、心筋など、
大量にエネルギーを消費する部位で速やかに使われます。
他の飽和脂肪酸とは異なり、
中性脂肪に変換されて脂肪組織に蓄積される事はありません。
中鎖脂肪酸が体内の中性脂肪を減らすという研究結果も報告されています。

ココナッツオイルを摂取すると3時間くらいでケトン体の血中レヴェルがピークに達し、
7~8時間で元のレヴェルに戻ります。

ココナッツオイルの約50%がラウリン酸です。
ラウリン酸は自然界ではココナッツオイルに最も多く含まれています。
ラウリン酸には抗菌活性があり、風邪予防の効果があります。
ラウリン酸は母乳にも含まれており、赤ちゃんをウイルスから守る働きがあります。

ココナッツオイルは、ミランダ・カー、アンジェリーナ・ジョリー、
ジェニファー・アニストン、グウィネス・パルトローなど、
美容感度の高いセレブリティが愛用しているそうです。

ヴァージンココナッツオイルは、百貨店、高級スーパー、自然食品店などで購入可能です。
ウェブで購入するのが最も簡単で確実です。

消費期限は、未開封であれば二年間保存可能です。
開封後は一年以内に使い切りましょう。

ココナッツウォーター

低カロリーで、無脂肪で、コレステロールはゼロで、
糖分は林檎よりも少なめで、ミネラルや電解質を豊富に含んでいます。
体液とほぼ等しい浸透圧のため「天然のスポーツドリンク」と称されています。

酵母菌、乳酵菌、酢酵菌などの有用菌が多く含まれているので、
腸内の善玉菌が増え、悪玉菌の増殖が抑制され、免疫力が高まります。

体を冷やす作用があるため、
運動後や熱中症対策の水分補給に最適ですが、
生理中や体温が低い朝に飲むのは避けた方がよさそうです。
カリウムを多く含むため、腎臓疾患がある方も避けた方がよいでしょう。

マドンナ、レディ・ガガ、ジェシカ・アルバ、リアーナ、
カヒミ・カリィさんなどが愛飲しているそうです。

ココナッツシュガー

ココナッツの花蜜を集めて煮詰めた天然甘味料です。
GI値は35で、体への負担が少ない多糖類です。
カリウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛などの、
必須ミネラルが豊富に含まれています。
バリン・ロイシン・イソロイシンのBCAAも含まれています。

スポンサードリンク

Posted by iPhone at 08:59 | Comment(12) | TrackBack(07) |

Ascension