ヘチマの栄養・成分・効果・効能・効用

西川貴教スピルリナ

Facebook&Twitterで共有×拡散!

ヘチマは珪素の宝庫

ヘチマ

ヘチマは、インド原産のウリ科ヘチマ属の一年草の果菜です。

 

食用、化粧水、たわし、スポンジ、グリーンカーテンなど、
日常生活で幅広く利用されている植物と言えます。

 

インド、中国、東南アジアでは古くから食用にされています。
日本には江戸時代前期に中国から沖縄県に渡来したとされています。
食用ヘチマの生産が日本一なのは、沖縄県島尻郡南風原町です。

 

開花から二週間頃の若い実は食用できます。
ヘチマを食用とする地域は沖縄県や九州南部です。
お浸し、油炒め、味噌煮、天婦羅など、
様々な料理に幅広く利用されています。

 

沖縄県ではヘチマは「ナーベーラー」と呼ばれており、
ゴーヤと並ぶ沖縄県の代表的な夏野菜とされています。

 

ヘチマを日常的に食べる沖縄県の代表的な家庭料理は、
ナーベラーの酢味噌がけです。

 

ヘチマの成分のほとんどが水分で、
栄養価は低いのですが、
油との相性が良いので、
高栄養食材と組み合わせる事で、
健康効果を高める事ができます。

 

ヘチマはカリウムを適度に含んでいます。
カリウムはナトリウムを排出する働きがあり、
高血圧予防の効果が期待できます。

 

ヘチマには葉酸が多く含まれているので、
認知症を予防する効果が期待できます。

 

ヘチマにはヘチマサポニンが含まれています。
ヘチマが美容面で注目されるようになったのは、
ヘチマの持つサポニン類の美肌効果によるものです。
ヘチマサポニンは新陳代謝を活性化して、
新しい皮膚細胞の増殖を促進します。

 

ヘチマにはケイ素が多く含まれています。
ケイ素は生命活動を支える基礎ミネラルであり、
コラーゲンを束ねて結合組織を強くする働きがあります。

 

ヘチマには食物繊維ペクチンが含まれています。
ペクチンはコレステロールを吸着して体外に排出する働きがあり、
脂質異常症や動脈硬化のリスクを下げる効果が期待できます。

 

ヘチマの品種

  • 太へちま
  • 大長へちま
  • 十角へちま

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

アセンション2018年8月