爪を揉むと自律神経失調症が改善する

食べない健康法ダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

爪を揉むと健康になる

爪

東洋医学では、爪の色や形はその人の健康状態を反映していると言われています。
古くから爪の生え際は鍼灸治療のつぼとして用いられてきました。

 

爪の周辺には、動静脈吻合と呼ばれる場所があります。
動静脈吻合とは、毛細血管を間に挟まずに、
動脈と静脈が直接繋がっている構造の事です。
爪の生え際に刺激を与えると、
吻合部が大きく開き、
温かい動脈血が静脈へ流れます。
その結果、指先だけでなく全身の体温が上がり冷えの改善に繋がります。
さらに内臓に流れる血液量が増加する事で内蔵機能が高まります。
その上、リンパ球の数も増加するため、免疫力も向上します。

 

爪揉みを始めると一時的に痛みが出る事があります。
これは患部に血流が集まり、
組織が活性化し始めた生理的な反応で、
症状が改善する前兆です。

 

爪揉みは副交感神経を優位にして心地よい眠りを誘うので、
就寝前に爪揉みを習慣にするのが理想的です。

 

爪揉みのやり方

手の指の爪の生え際にある両側の角を、
反対側の親指と人差し指で両側から摘まみ、
そのまま痛いくらいの強さで押し揉みします。
両手の親指、人差し指、中指、小指を10秒ずつ刺激します。
自分が治したい症状に対応する指は、20秒ずつ刺激します。

 

親指の爪揉みで改善する症状

  • アトピー性皮膚炎
  • 喘息
  • リウマチ
  • ドライマウス
  • 円形脱毛症

 

人差し指の爪揉みで改善する症状

  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 胃・十二指腸化潰瘍
  • 胃弱

 

中指の爪揉みで改善する症状

  • 耳鳴り
  • 難聴

 

小指の爪揉みで改善する症状

  • 脳梗塞
  • 呆け
  • パーキンソン病
  • 物忘れ
  • 不眠
  • メニエール病
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肩凝り
  • 腰痛
  • 老眼
  • 動悸
  • 頭痛
  • 腎臓病
  • 頻尿
  • 肝炎
  • 痺れ
  • 肥満
  • 生理痛
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 更年期障害
  • 顔面神経麻痺
  • 自律神経失調症
  • 不安神経症
  • 鬱病

 

爪の異常から病気が分かる事があります。
例えば、爪に横の筋があったり、凹みがあった場合、
甲状腺の病気とか腎臓の病気が見つかる事があります。

 

爪に入る筋が縦か横かで健康上に大きな違いがあります。
縦に入る爪の筋は主に加齢によるもので、
多くの人に見られる老化現象の一つです。

 

しかし、横に筋が入ったり凹みがある場合、
糖尿病や腎臓病の可能性が疑われます。

 

さらに、ばち指と呼ばれる症状が現れたら注意が必要です。
ばち指とは爪の付け根が盛り上がって丸くなった状態です。
ばち指が出る疾患は様々ありますが、
重度のものでは肝硬変や肺癌の可能性が疑われます。


スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ