アーティチョークの栄養・効果

1日1食

Facebook&Twitterで共有×拡散!

アーティチョークは万能植物

アーティチョーク

アーティチョークは地中海沿岸原産の
キク科チョウセンアザミ属の
多年草の若い蕾です。

 

古代ギリシャ・ローマ時代から、
薬草ハーブとしても用いられてきました。

 

15世紀から16世紀頃に広く
ヨーロッパに普及していったようです。

 

16世紀の中央ヨーロッパでは、
王侯貴族しか口にする事ができない高貴な野菜でした。
16世紀の王妃カトリーヌ・ド・メディチが婚礼の夜に
アーティチョークを食べ過ぎたという逸話もあります。
17世紀頃は媚薬効果もあるとされていました。

 

日本には江戸時代にオランダから渡来しましたが、
栽培条件が合わない事もあり、普及しませんでした。
日本のスーパーマーケットに並ぶ事はあまりありません。

 

アーティチョークは日本ではあまり馴染みがありませんが、
フランス料理やイタリア料理などでは一般的な食材です。

 

インドでは二日用を防ぐ効果があるとされ、
お酒を飲んだ後にお茶に混ぜて
飲まれているそうです。

 

アーティチョークには、
ヴィタミンC、葉酸、
カリウム、マグネシウム、リン、
カフェ酸誘導体、フラボノイド、トリテルペノイド、
水溶性食物繊維などが含まれています。

 

カリウムが豊富なので、
ナトリウムを体外に排出し、
血圧を正常に保つ効果が期待できます。

 

アーティーチョークには、シナロピクリンという成分が含まれています。
シナロピクリンにはメラニン色素の抑制や
毛穴を目立たなくする働きがあるそうです。

 

アーティチョークの苦味成分シナリンには、
胆汁の分泌を促し、
肝臓、腎臓、消化器系の働きを助け、
血液中のコレステロール値を
正常に戻す効果があるとされています。

 

水溶性食物繊維が豊富なので
整腸効果が期待できます。

 

アーティチョークの保存方法

    野菜用のポリ袋に入れて乾燥を防ぎ、
    冷蔵庫の野菜室に保管しましょう。
    長期間保存する場合は、
    オイル漬けやピクルスにしましょう。

 

アーティチョークの品種

  • グリーンアーティチョーク
  • パープルアーティチョーク

 

アーティチョークの薬効

  • 美肌効果
  • 肝臓保護
  • 癌予防
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ