生アーモンドの栄養・成分・効果・効能・効用

アセンション症状2017年6月【最新】

Facebook&Twitterで共有×拡散!

アーモンドは糖化を防ぐ

アーモンド

アーモンドは、アジア西南部原産の
バラ科サクラ属の落葉高木の堅果です。

 

アーモンドは、皮、果肉、核、仁から構成されています。
このうち食用に供しているのは仁の部分です。

 

アーモンドの効用は紀元前から認められており、
『旧約聖書』にも記述されています。

 

アーユルヴェーダの世界でも、毎日7粒の
アーモンドを食べると良いとされています。

 

中世頃までは王侯貴族や上流階級だけが
口にできる高級嗜好品だったそうです。

 

日本へは江戸時代に南蛮貿易によって
伝来したとされています。

 

ナッツの中でもアーモンドが最も栄養価が高いです。
アーモンドは、ヴィタミンB2、E、カルシウム、鉄、マグネシウム、
亜鉛、食物繊維を豊富に含む栄養バランスに優れた食品です。
脂質はオレイン酸やリノール酸などの植物性脂質で、
どちらもコレステロール値を下げくれます。
10種類以上の豊富な
栄養素が一粒に詰まっているので
「天然のサプリメント」と呼ばれています。

 

アーモンドの脂質の約七割は、
一価不飽和脂肪酸のオレイン酸で、
善玉コレステロールを維持したまま
悪玉コレステロールだけを制御する働きがあります。
しかも悪玉コレステロールを
酸化させにくくする働きもあります。

 

アーモンドはヴィタミンEが多く、
その含有量は全食品の中でもトップクラスです。
アーモンドのヴィタミンEの含有量は南瓜の約5倍です。
生アーモンドであればヴィタミンEが
効果的な状態で保たれています。
ヴィタミンEは抗酸化作用の強い脂溶性ヴィタミンで、
過酸化脂質の生成を抑制し、
動脈硬化を予防する効果が期待できます。
ヴィタミンEは皮膚の新陳代謝を高めて
メラニン色素の沈着を防ぐ働きがあります。
ヴィタミンEには、紫外線によって体内に発生した
活性酸素を除去する効果も認められています。

 

アーモンドには、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅など、
様々なミネラルがバランスよく含まれています。
マグネシウムとカルシウムの両方が含まれているので、
歯や骨を強くする働きをします。

 

アーモンドの食物繊維の量は、牛蒡の約2倍、
薩摩芋の約5倍、玄米の約7倍です。
アーモンドに豊富な不溶性食物繊維は
腸の働きを活発にして整腸を促します。
食物繊維には腸内環境を整え、
余分な脂肪分の吸収を抑制する作用があるため、
腸内環境を整えるだけでなく、
ウェイトコントロールをサポートしてくれます。

 

アーモンドの種皮には抗酸化成分の
フラボノイド類が含まれている事が分かっています。
アーモンドの皮に含まれるフラボノイド成分は、
カテキン エピカテキン イソラムチネン、
ケンフェロール、ケルセチンなどです。
最新の研究ではアーモンドのフラボノイドと
ヴィタミンEを一緒に摂取した場合、
悪玉コレステロールの抗酸化作用は2倍以上の
相乗効果がある事が確認されています。

 

アーモンドには、ブドウ糖の吸収を阻止する作用があります。
それがα-グルコシターゼ阻害です。
α-グルコシターゼは人間の小腸上皮にある酵素で、
炭水化物をブドウ糖に分解する役割を担っています。
炭水化物と一緒にアーモンドを食べると、
α-グルコシターゼの働きが阻止され、
ブドウ糖にまで分解しないので、
血中に糖が吸収されないという現象が起こるのです。

 

アーモンドには、ダイエット効果があります。
通常、脂肪は脂肪分解酵素リパーゼによって
脂肪酸とグリセチンに分解され、
体内に吸収されますが、
アーモンドを食べるとリパーゼの働きが阻害され、
食べた脂肪が分解されずに、
体内に吸収されないという現象が起こるのです。

 

5万人の女性を対象にした研究で、
少なくとも週に2回アーモンドを食べる女性は、
ほとんどアーモンドを食べない女性より
体重が増えにくいという結果が出ています。

 

肌の老化を進行させる原因には、乾燥、紫外線、
血行不良、ホルモン不足などがありますが、
もう一つの原因として、糖化という現象があります。
糖化とは、血液中の余った糖が蛋白質と結び付き、
AGEという終末糖化産物ができる事です。
この終末糖化産物AGEは、
体内で分解され、尿として排出されるのですが、
加齢と共に、分解する量が減って体内に溜まってしまうそうです。
アーモンドには糖化を抑える働きがあり、
その結果、体の中のAGE値を下げる事ができます。

 

アーモンド23粒で、日本人女性に必要な1日の
ヴィタミンE摂取目安量をクリアできる事から、
カリフォルニア・アーモンド協会では、
1日に23粒のアーモンドを摂る食生活を推奨しています。

 

種子を搾ったアーモンドオイルは、
食用だけでなく、美容オイル、
アロマのエッセンシャルオイルを希釈する
キャリアオイルとしても需要が高まっています。

 

アーモンドの品種

  • ノンパレル種
  • カリフォルニア種
  • ミッション種

 

アーモンドの薬効

  • 美肌効果
  • 痩身効果
  • 整腸作用
  • 大腸癌予防
  • 動脈硬化予防

 

アーモンドミルクの作り方

  • 生アーモンドを水に12時間以上浸ける。
  • ザルにとってもう一度水で洗い流す。
  • 生アーモンドと水をミキサーにかける。
  • 完全にペースト状になったらガーゼで濾す。
  • お好みでバニラエッセンスを加える。
  • 冷蔵庫に保存して数日で飲み切る。

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種実wiki

穀物wiki

豆類wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

このページの先頭へ