木下あおい『ウォータースチームオーブンダイエット肌質改善美容法』

プーファフリーダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

木下式とは

木下あおい肌質改善美容法

木下あおいさんは、千葉県出身の管理栄養士です。
管理栄養士として学んだ西洋の栄養学の観点と
マクロビオティックなどの東洋の医学の観点を織り交ぜて、
クシマクロビオティックスコンシェルジュ講師、
フードコーチ養成講座講師として、
インナービューティーダイエット専門料理教室bejouを主宰し、
内側から美しくなるための食事を発信しておられます。
体内年齢は17歳〜18歳で推移しているそうです。
今では20歳の頃よりずっと肌が綺麗になり、
ノーファンデーションでも人前に出られるそうです。
料理教室は予約が2ヶ月待ちになるほどの人気で、
著書累計は27万部を突破し話題になっています。

 

木下あおいさんは高校生の頃から
極端なダイエットをしていて
一時は拒食症では?
というほど痩せこけていたそうです。

 

女性が綺麗になるためには
化粧品や美容品で外見を飾るのではなく
食事で体の内から美しくする事が重要です。

 

脳が喜ぶものではなく、
体が喜ぶものを摂取する事で
甘いものへの誘惑もなくなります。

 

木下あおいさんが提唱する
インナービューティーダイエットは、
体に必要な栄養素を摂取し、
毒素を排出して腸を綺麗にすれば、
自然に痩せて肌も美しくなるという
極めてシンプルなメソッドです。
体重を減らす事が目的ではなく、
体の内側から綺麗になる事が目的のダイエットです。

 

綺麗に痩せるための食事の基本は、
旬の野菜、海藻を毎食全体の6割以上にし、
夕食だけは糖質を摂らないようにするという事です。

 

朝は野菜を食べます。
昼は炭水化物を食べます。
夜は蛋白質を食べます。

 

油は後から生でかけます。
お菓子はナッツ類に置き換えます。
背筋を伸ばして沢山噛みます。

 

余った蛋白質は蓄えられずに排出されるので、
夜は蛋白質中心の食事というのは理に適っています。

 

どの時間帯の食事にも、
半分以上は野菜を摂るように心掛けます。
毎食、半分以上の野菜を摂るためには
冷蔵庫に野菜をたっぷり常備しておきたいです。
生野菜、蒸し野菜、豆腐、緑野菜、海藻、
発酵調味料は必ず取り入れるようにします。
昼食や夕食でも、炭水化物や蛋白質を食べる前に、
食事の半分以上は野菜を摂るように心掛けます。
夕食は就寝3時間前までに済ませるようにします。

 

美肌を作る食事の基本は、食べ物の
栄養素を丸ごとシンプルに摂るという事です。
なるべき素材そのままに近い状態で食べると、
美容栄養素を丸ごと摂取できます。
調理の工程が増えれば増えるほど、
素材の栄養素がどんどん損なわれていきます。
切らない、炒めない、洗うだけの
調理が美肌促進に役立ちます。

 

美肌作りの第一歩は野菜を
皮付きのまま食べる事です。
野菜のポリフェノールは
外皮に多く含まれています。
野菜を皮付きのまま食べると
ポリフェノールを効率的に摂取できます。

 

旬の野菜と季節外れの野菜では、
栄養価が大きく異なります。
旬の野菜は代謝を促し、
肌や内臓の調子を整える働きがあります。

 

春の野菜には強い香りや独特の苦みを持つものが多く、
冬の間に溜め込んだ老廃物をデトックスする働きがあります。

 

夏の野菜は水分を多く含み、
生で食べるものが多いです。
失われた大量の水分を補給したり、
火照った体を冷やす働きがあります。

 

秋の野菜は甘味と旨味を含み、
体を安定させる働きがあります。

 

冬の根菜には水分が少なく、
ヴィタミンC、E、鉄などが多いため、
体内のホルモン分泌を調節したり、
血行を促進する効果があり、
体を温める働きがあります。

 

食卓がカラフルになるように野菜選びをすると、
単一の野菜を食べるよりも
多彩な栄養素が摂取できます。
できるだけ多種類の野菜を
日替わりで摂るのが理想的な食事です。

 

野菜は夜に糖分を溜め込み、
昼にそれを使って生長するので、
太陽が出る前に収穫した
野菜の方が栄養価が高いです。
買い物の際は「朝採り」に注目しましょう。

 

サラダのドレッシングには
良質な生の油を使いましょう。
亜麻仁油、荏胡麻油、
紫蘇油などがお勧めです。
オメガ3系不飽和脂肪酸は
代謝を活性化するので、
脂肪が燃焼しやすくなります。

 

木下あおいさんはシリット社の
サクラピンクの圧力鍋を愛用しておられます。

 

木下あおいさんのサロンでは、
調理に油を使用せず、
少量の水で低温調理する方法を用いています。
この調理方法は「ウォータースチーム」と呼ばれています。
甘みが感じられやすい味になるので、
サロンでも好評の調理方法です。

 

加熱調理に油を使ってしまうと
終末糖化産物AGEsを増やしてしまいます。

 

野菜の細胞壁は固いので
生野菜を噛んだだけでは
消化吸収しきれない栄養素も
出てきてしまいます。

 

ウォータースチームによって
細胞壁を柔らかく破壊すると
野菜が持つ栄養素を余す事なく
効率よく消化吸収できるようになります。

 

ウォータースチームのメリットは
ヴィタミンCの損失率が少ない事です。

 

温度の低さがヴィタミンCの
残存率を左右していると考えられます。

 

天然のアルカリ水は活性酸素を
除去して体の錆びつきを防いでくれます。

 

木下あおいさんが毎日飲んでいるのは
温泉水99か炭酸水だそうです。

 

店舗ではナチュラルミネラルウォーターを
選ぶようにしているそうです。

 

これらの水を常温でコップ1杯程度、
1日に3〜4回、飲むようにしているそうです。

 

バストアップに有効な成分はボロンです。
ボロンはホウ素の一種で必須微量ミネラルの一つです。
「プエラリアを超えるミネラル」と呼ばれており、
女性ホルモンのエストロゲンを活性化させる働きがあり、
排卵から月経前の時期に摂取すると
バストアップの効果が期待できます。

 

ボロンを含んでいる食材は、
キャベツ、林檎、葡萄、桃、梨などです。
ボロンは熱に弱いので、
生キャベツを大量に食べるのが理想的です。

 

食材選びの三原則

  • 無添加
  • 未精製
  • 国産

 

腸を綺麗にする基本の三原則

  • 旬の野菜を積極的に摂る。
  • 発酵食品を摂る。
  • 食物繊維を摂る。

 

美肌を維持するための三原則

  • 糖質を摂り過ぎた翌日は糖質オフにする。
  • 緑野菜を沢山摂る。
  • 海藻を摂る。

 

美肌を作る五つの食材

  • 緑野菜
  • 発酵食品
  • 菌茸
  • 海藻
  • 生オメガ3系脂肪酸

 

肌老化を進める四つの原因

  1. 活性酸素の増加による酸化
  2. 糖質の増加による酸化
  3. 腸内環境の悪化
  4. 水分摂取量の低下

 

体を冷やさない四原則

  • 体を温める野菜を食べる。
  • 発酵食品で腸から温める。
  • 薬味やスパイスで熱を生む。
  • 鉄分を摂る。

 

肉を食べる時に意識したい三原則

  • 加工肉は控える。
  • 肉は野菜とセットで食べる。
  • 肉と野菜は1:2の割合で食べる。

 

それぞれの時間帯に相応しい食べ物

野菜
炭水化物
蛋白質

 

最初に口にするべきもの

  • 味噌汁
  • 旬の緑黄色野菜

 

お勧めの油

  • 亜麻仁油
  • 荏胡麻湯
  • インカインチオイル
  • ヘンプシードオイル
  • 青魚の油

 

ウォータースチームの手順

  1. 鍋に大匙2程度の水を入れる。
  2. 薄切りにした食材を平らになるように並べる。
  3. 一摘みの塩を全体に振りかける。
  4. 蓋を閉めて弱火で蒸し煮する。

 

木下あおいさんと親交のある著名人

  • 美容研究家の神崎恵さん
  • 歯科医師の関有美子先生
  • モデルの安座間美優さん
  • 書道家の中塚翠涛さん

 

木下あおいさんのタイムスケジュール

5:00 起床
5:30 朝食
6:30 運動
8:00 仕事
12:00 昼食
13:00 仕事
15:00 おやつ
17:00 夕食
19:00 料理サロン
23:00 帰宅
24:30 就寝

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

食べない生き方