エリカ・アンギャルwiki『世界一の美女になるダイエット』

プーファフリーダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

アンギャル式とは

エリカ・アンギャルwiki

エリカ・アンギャルは、オーストラリアのシドニー出身の健康衛生科学学士です。

 

2004年から8年間、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして、
イネス・リグロンを支え、栄養学、薬理学、生理学などの専門知識に基づき、
知花くららさんや森理世さんらファイナリストたちに栄養指導を行なっていました。
著書『世界一の美女になるダイエット』シリーズは
累計約50万部のベストセラーとなりました。

 

エリカ・アンギャルは1985年に初来日し、
大分県立日田高校に1年間の交換留学をしていました。
大分の家庭で伝統的日本食を食べ始め、
1ヶ月でニキビがすっかりなくなったそうです。
伝統的日本食には、野菜、大豆、魚が取り入れられており、
栄養学的にもバランスが良いです。

 

日本人はカロリーを気にする傾向にありますが、
カロリーよりも重要なのはバランスです。
その点では伝統的日本食は最も理想的です。

 

まずは1回の食事ごとに、
野菜:蛋白質:穀物の割合を
3:2:1にするのが理想的です。
必要な栄養素が摂取できて、
お腹が空きにくく、太りにくい上に、
ホルモンバランスを整えるとされている割合です。

 

朝と昼は体温が高くて活動量も多いので、
ある程度食べても脂肪は燃焼します。
1日の食事の配分は、朝食と昼食で1日の食事の8割を済ませ、
夕食は2割にするのが理想的です。
19時以降は食べないようにしましょう。

 

炭水化物の摂取量が多すぎると、太りやすくなったり、
食後に眠気に襲われたりします。

 

現代の日本には野菜不足を
招きやすい食生活が蔓延しています。

 

日本栄養士会は1日350gの
野菜を摂る事を推奨しています。

 

「果物のある食生活推進全国協議会」では
1日200gの果物を摂りましょうと勧めています。

 

世界の他の国々と比べると日本人は
果物の摂取量が非常に少ないです。
果物は、ヴィタミン、ミネラル、ファイトケミカルを多く含むので、
1日200g程度、林檎1個分、蜜柑2個分なら太る心配はありません。

 

欧米人に比べると日本人は魚を沢山食べる民族です。
魚に豊富に含まれているオメガ3脂肪酸を
摂取しているという点ではヘルシーです。

 

懸念すべき点は魚に含まれている水銀量です。
日本人がよく食べているクロマグロ、メバチマグロ、カジキ、
クジラ、キンメダイ、ムツなどには多くの水銀が含まれています。

 

食物連鎖の関係で体が大きい魚ほど水銀の蓄積量が多くなります。
体が大きな魚は頻繁に食べない事をお勧めします。
特に妊娠中の女性は胎児に影響する恐れがあります。

 

アジ、イワシ、サバ、サンマ、サーモンなどは
良質な油が豊富で、水銀量の心配もありません。

 

世界一の美女になるための三大食材は、魚、野菜、大豆

鯖、鰯、サーモンなどを週3〜4回食べるのがお勧めです。
オメガ3脂肪酸には様々なタイプがありますが、
最も重要なのは脂肪の多い魚に豊富に含まれている長鎖脂肪酸のEPAとDHAです。
EPAは肌に弾力を与え、DHAは脳の働きを助けてハッピーなマインドを作ります。

 

野菜

小松菜、人参、南瓜、菠薐草、薩摩芋、ブロッコリーなど、
緑、赤、黄色の野菜がお奨めです。
リコピンやポリフェノールなどの抗酸化成分が美容と健康に奏効します。

 

大豆

大豆イソフラボンや大豆レシチンは、
ホルモンバランスを整える働きがあります。
特に納豆、味噌などの発酵大豆製品はお奨めです。

 

エリカ・アンギャルは、生まれ育ったオーストラリア時代から今に至るまで、
40年近くも胡桃を食べ続け、現在は1日5個の胡桃を食べているそうです。
胡桃には血管年齢を若返らせる効果があります。
血管の硬さから血管年齢を算出する機械を用いて検査してみたところ、
実年齢が44歳の時点で血管年齢20歳相当という奇跡的な結果が出ていました。

 

油は細胞の膜を作る大切な材料です。
必要な油が足りなくなると、肌が乾燥したり、爪が脆くなったりします。
良質な油は痩せやすい体質になる手助けもしてくれます。
お勧めの油は、オリーブ油、アヴォカド油、ナッツ油、未精製胡麻油です。
特にオリーブ油はオメガ9という不飽和脂肪酸を多く含み、細胞の炎症を抑え、
コレステロールを減らし、美肌効果も高いので、世界一の美女を目指す上で効果的です。
毎日大匙1〜2杯を野菜と一緒に摂るのが理想的です。
野菜は良質な油と一緒に摂るとβ-カロテンやリコピンの吸収が良くなるからです。

 

世界で最も睡眠時間が短いのは日本人女性だというデータがあります。
睡眠が不足するとインスリンの分泌量が増えるため、
体が脂肪を溜め込もうとして太りやすくなります。
また、ストレスホルモンのコルチゾールのレヴェルが上がるため、
老化を速めたり、お腹周りに贅肉が付きやすくなったりします。
さらに、食欲を抑えるホルモンであるレプチンの分泌量が減り、
食欲を刺激するホルモンであるグレリンの分泌量が増えます。

 

お勧めの食材

  • 野菜
  • 大豆

 

お勧めの油

  • エクストラヴァージン・オリーブ油
  • アヴォカド油
  • ナッツ油
  • 未精製胡麻油

 

小腹が空いた時に口にしてもよい食材

  • 果物
  • 木の実
  • 薩摩芋
  • ダークチョコレート
  • ドライフルーツ

 

お勧めのサプリメント

  • オメガ3魚油EPA&DHAサプリメント
  • マルチヴィタミン&ミネラルサプリメント
  • プログリーンズ
  • べジパワープラス

 

お勧めの栄養補助食品

  • ララバー
  • ボラボラ・オーガニック・スナックバー

 

お勧めの料理

  • 和食
  • トマトベースのイタリアン料理
  • トマトベースのフランス料理
  • スペイン料理
  • 中東料理
  • モダンフュージョン料理
  • タイ料理
  • ベトナム料理

 

お勧めの食べ方

  • 食前に檸檬やライムを絞った水を飲む。
  • 最初に野菜から食べる。
  • 白パンを食べる時はオリーヴ油を付けて食べる。
  • 精製炭水化物は酢と一緒に食べる。
  • よく噛んで食べる。

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

食べない生き方