プーファフリーダイエット

Facebook&Twitterで共有×拡散!

なすの効用

なすの効用

茄子は、インド原産のナス科ナス属の植物の果実です。

 

茄子は奈良時代に中国から伝来しました。
茄子が食用として人気が出たのは江戸時代と言われています。
茄子は非常に身分が高い人が食べていました。
徳川家康将軍は茄子を奨励していました。
江戸時代には温室栽培で作られていました。

 

茄子に含まれている成分は、約94%が水分です。
茄子は、ヴィタミンCやヴィタミンPの含有量が多いので、
血管をしなやかにし、血栓症や高血圧の予防と改善に役立ちます。

 

茄子には体内の水分を調節する作用のあるカリウムが多く含まれているため、
利尿作用により浮腫みを解消したり、高血圧を予防する効果があります。

 

茄子の果皮の美しい紫は、ナスニンというアントシアニンの色素の一種です。
ナスニンには強力な抗酸化力があり、
その抗酸化力はブロッコリーや菠薐草を凌ぐと言われています。
ナスニンは、コレステロールの吸収を抑える作用があり、
動脈硬化を予防する事も分かっています。
また、ナスニンは眼の網膜にあるロドプシンの再結合に働きかけるため、
眼精疲労の改善にも役立つとされています。

 

茄子にはコリンという機能性成分が含まれています。
コリンは無色の強アルカリ性物質で、
胃液の分泌を促したり、
肝臓の働きを高めたり、
血圧やコレステロールを下げたり、
動脈硬化を防ぐ効果があります。

 

茄子を切ると色が変わる褐変物質はクロロゲン酸というポリフェノールの一種です。
クロロゲン酸は、活性酸素の発生を抑え、
癌や老化の予防、血圧や血糖値の正常化に有効とされています。

 

茄子の品種

  • 田辺なす
  • 山科なす
  • 賀茂なす
  • 田屋なす
  • 十市なす
  • 水なす
  • 鳥飼茄子
  • 下田なす
  • 民田なす
  • ていざなす
  • やきなす
  • 十全なす
  • 奥三河天狗茄子
  • ばってんなす
  • 大長茄子

 

茄子の効用

  • 虫歯予防
  • 歯槽膿漏予防
  • 眼精疲労改善
  • 癌予防
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

乳製品wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

食べない生き方