テロメアを伸ばす方法

不食方法

Facebook&Twitterで共有×拡散!

テロメアを伸ばす方法

テロメア

テロメアとは人間の染色体の末端部分を
保護しているキャップのようなもので、
他の部分とははっきりと区別されるDNA構造を持ち、
人間の寿命を直接司るとされています。

 

通常、細胞分裂する際、DNAは完全に複製されますが、
テロメアだけは細胞分裂する度に短縮していきます。
生まれた時の人間のテロメアの長さは
約1〜2万塩基対と言われています。

 

テロメアは1回の細胞分裂で
約100〜150塩基対が摩耗していきます。
こうして分裂する度にすり減っていくテロメアは
その数が5000塩基対ほどまで減少すると
最終的に細胞分裂を停止してしまいます。
つまり、人間は寿命を迎えるという訳です。

 

一方、このテロメアを修復し、
伸長させる酵素テロメラーゼがあります。
テロメラーゼは特殊なポリメラーゼで、
短縮したテロメアを伸ばす役割を担っていますが、
正常な細胞の中で作用する事はありません。
ところが、癌細胞の中には
このテロメラーゼが大量に存在しており、
強い活性化が見られます。
癌細胞が増殖を繰り返すのは
このテロメラーゼの作用によるものです。

 

テロメアを伸ばす方法

  1. 有酸素運動
  2. 野菜中心の食事
  3. 7時間以上の睡眠
  4. 週に一度のカウンセリング
  5. マインドフルネス瞑想

スポンサードリンク

食事wiki

美容wiki

身体wiki

生活wiki

症状wiki

生理活性物質wiki

栄養素wiki

果物wiki

花菜wiki

果菜wiki

葉菜wiki

茎菜wiki

根菜wiki

藻類wiki

堅果wiki

種子wiki

穀物wiki

豆類wiki

菌茸wiki

卵類wiki

魚類wiki

肉類wiki

洋菓子wiki

飲料wiki

蜜類wiki

製菓材料wiki

健康wiki

連鎖wiki

連絡wiki

このページの先頭へ